So-net無料ブログ作成

老後2000万円不足。周囲は投資知識あり、実践者ばかりに驚きと後悔。

先日、同年代の友人、知人と会食。

その際に話題になったのは
老後2000万円不足問題。

人によっても違いますが、
収入が低かったり、国民年金だったり
した場合、さらに不足が大きくなるんですね。

どういう備えをしているかと、
お金の話になりました。

これまで、そうした席では、一度も
そういうことがなかったのですが……。
そうしたら、自分の知らない言葉が次々と。

iDeCo、NISAあたりは、なんとなく
聞いたことがありましたが、
投資信託、インデックスファンド、
外債(外国債券、ドル、ユーロなど外貨建ての債権、
海外の政府・企業などが発行)、
ETF(上場投資信託Exchange-Traded Fund)、
S&P500(S &Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が
算出しているアメリカの株価指数の一つ。ニューヨーク
証券取引所、ナスダックに上場している銘柄から、
代表的な500銘柄の株価を基に算出される時価総額
加重平均型株価指数)などが、次々と飛び出しました。

話だけでなく、みなそれぞれ、実際にそうした投資を
実践している様子。

ここでもう話についていけなくなり、
ふんふんとうなずきながらも頭の中は、
はてなマークがたくさん浮かんでいます。

さらには、ロボット投資、AI投資なんて話も。
これはロボットやAI分野に投資ということではなく、
ロボット・人工知能が、何をどのくらいの割合で、
いつ購入または売却すればいいか、アドバイスして
くれたり、さらには、全部自動的に資産管理してくれる
というもの。(主に投資信託を売買)

ここでもうお手上げ。

みんないつの間にこんなことを
勉強していたのでしょう。

友達・知人の中には、金融、保険関係の人は
いますが、それとは関係ないメーカー、
サービス業の会社に勤めている人も。

会社に、証券会社、銀行などから説明会の
売り込みがあったり、つきあいのある銀行、
証券会社の担当者から投資セミナーを薦められ、
そこで話を聞いたりして、知識を身につけたんだそう。

いやー、驚いた。
とともに、自分がそうした機会もなく、
金融知識に乏しいか思い知らされました。

子ども向けのこのあたりから読んで
知識を身につけねば。

最新のベストセラー。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。