So-net無料ブログ作成

国産ウィスキー「イチローズモルト」がおよそ1億で落札。ウィスキー買取り電話。思わぬ高値に驚く。

香港で行われた競売で、日本産ウイスキーである
"イチローズモルト・カードシリーズ" 計54本が、
719万香港ドル(およそ9750万円)で落札されました。

イチローズモルトは、創業者の
肥土伊知郎さんが埼玉県秩父市に
秩父蒸留所を構え、製造しています。

ワールドウイスキーアワードで世界一になるなど、
日本だけでなく、世界的にも評価の高い逸品です。

以前から、酒好きの友人、知合いから、
教えてもらい、飲ませてもらったことがあります。

始めた当初は知名度がなく、
知る人ぞ知るという存在でしたが、
評価が高くなってからは、
製造本数が少ないことから、
入手困難になってしまいました。

これに限らず、少し前から
日本産ウイスキーは、世界的にも人気。
さらに日本国内でも朝ドラ「マッサン」の影響で、
需要が増え、その割に生産量を一気に増やせない
ことから、入手が難しく価格も高騰しているようです。

この所、家に何度も掛かってきているのが、
様々な買取り依頼の電話。

これまでは衣類、貴金属類が
多かったのですが、先日は、
洋酒でした。

「お宅にずっと眠っている
ウイスキーはありませんか。
高く買取りします」

相手をするのが面倒くさいので、いつも
「この間、全部売ってしまいました」
と答えています。

その時もそう応答したらすぐに電話はきれました。

友達、友人のところにもそうした電話が頻繁にあるよう。

あるときそのうちの一人が、つきあって話を聞いたところ、
サントリー、ニッカの高級ウイスキーの買取り値段が、
とんでもないものになっているとのこと。

その知人の家にはもらいものの、
山崎、響、白州といったお酒がごろごろ。

そうした高級ウイスキーは、品不足で、
手に入らないため、ものすごく買い取り価格が
高くなっているというのですね。

例:サントリー 山崎25年 買取り価格50万を提示。

https://www.suntory.co.jp/whisky/yamazaki/product/
「定価」は12万5000円
https://www.suntory.co.jp/whisky/products/0000000038/0000000099.html
価格コムで見ると、とんでもないプレミアム価格になっています。
(安くても68万。多いのは75万。高いと100万円超)
https://kakaku.com/search_results/%8ER%8D%E8+25%94N/?category=0016_0054
大黒屋、ウイスキーの買取り価格。
今年になって急騰。2019年8月現在、山崎25年は58万で買取り。

全然、知らなかったのですが、
こんなことになっていたんですね。



わが家に何本かある、
スコッチウイスキー。
調べてみたら……。

いやー、今すぐにでも売りたいなー。

〇イチローズモルト ジャック・オブ・ハーツ、
 大黒屋のサイトでは買取強化ランキング3位で、
 673000円。
 (1位は上にあげた山崎 25年 シングルモルトで57万円)

追記、2019年8月24日
〇日本経済新聞土曜版、《学んでお得》
 《酒買い取りサービス》がテーマです。
 国産ウイスキー、やはり高値になっているようです。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。