So-net無料ブログ作成

不真面目、いい加減な人ほど長生き。

自分の周りには、50代になってから、
筋肉トレーニングを始めた人が、多くいます。

その中の1人が、ジムのトレーナーから、
次のようなことを言われたそうです。

「若い時ならともかく、50代の方なら、
筋トレは、さぼりさぼりで十分です」

どういうことかと知人が、
トレーナーに再確認すると、
年をとればとるほど、鍛えた筋肉の回復に
時間がかかる。なので毎日、懸命にやると
逆に回復できず、筋肉が鍛えられない。
1日やったら、2日くらいあけて、
3日目に実行。これくらいのペースで十分。

というわけで、自分の筋肉を維持する。
また少し鍛えるくらいなら、週に2度ほどで十分と。

また別の知人は、かかりつけの医師から、
「なんでもきちんきちんとやることが正しいと
思われていますけれど、弓もずっと弦を
張っていては傷みもでる。人も同じで、
いい加減で弦をゆるめることも必要」

年をとれば、今まで出来ていたことが
出来なくなったり、時間がかかったりする。
若い時と同じように完璧にしようと自分に
求めてはだめ。
ここまで出来たら十分と自分を許してあげなさいと。

自分を甘やかしすぎるのもだめですが、
厳しすぎるのも、自分を追い込んでしまうようです。

その先生によれば、60%で及第点。
70%出来れば自分をほめる。
80%も出来たら頑張りすぎ、出来すぎ、
やり過ぎと、注意した方がよいと。

二人の知人の話を聞いて、
不真面目、いい加減、適当の効用を知りました。








nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。