So-net無料ブログ作成

知人2人。シニア割引のあるイギリスそしてマルタ島の語学学校で語学留学&バケーション。

姪っ子がまもなくマルタ島での
語学留学を終えて帰ってきます。

姉のところに届いた便りによれば、
元気で過ごしていますが、今年は、
マルタ島も暑く、学校提携のアパートに
エアコンがなく、窓を開けると周囲が
騒々しいので、最後の3日間はホテルを
とり、ようやく楽になったよう。

かと思えば、昨日、友達の
大学生の娘さんは、
イギリスのマンチェスターに
語学留学に旅立ちました。
(通学している大学の主催)

日本人に限らず、夏の間、
英語を学びに、語学留学に行く
という若者は、世界的に多いみたいですね。

若者だけでなく、実は、
シニアの人々もこの夏の時期、
語学留学をしています。

知人の一人は、
姪っ子と同じくマルタ島に。

シニアといっても、50歳以上のコース。
なので現役の方も大勢います。

語学学校は、基本的には週に5日。
午前中授業で、午後はフリー。
場合によっては、外に出て
実践授業や遠足(マルタ島の場合、ビーチや
別の島=ゴゾ島などに渡る)があります。

なので、語学を勉強しながら、
バケーションも
楽しめるという訳です。

もう一人の知人は、
イギリスのブライトンに。
(その前はボーンマス)
こちらは、映画「さらば青春の光」の
舞台となった場所。



美しいビーチを持つリゾート地でもあり、
語学学校が多い場所でもあります。

なお二人の知人は、仕事で
英語を使っており、
ある程度はしゃべれます。

なので、自分で語学学校に
連絡(HPからメール)し、
直接、予約(契約)していますので、
驚くほど、安い授業料(提携アパート、
または寮の滞在費用なども含む)で
語学留学しています。

日本の留学斡旋業者を通すと
日本語が通じ、楽は楽ですが、
その分、値段は高くなります。

自分がかつて手配した経験では、
業者を通さず直接契約すれば、
およそ半額程度となります。
(夏のハイシーズンでも同様。
秋、冬などは、夏の半額程度になる)

(業者をとおせば、業者によるサポート体制も
あり、その点は安心。ただマルタ島も、
イギリスの場合も、語学学校によるが、
在住の日本人に委託したり、日本語が
出来るスタッフがおり、日本人を
サポートしてくれる)



○イギリス好きな知人によれば、
 ロンドンよりも、上にあげたブライトン、
 ボーンマスのほか、その近くの
 サウサンプトン(語学学校は少ない)、
 ポーツマス(島の街)が日本人が少なく、
 気候も人柄も良く、物価も安いので、
 お勧めだそう。
 (なお日露戦争の講和条約が結ばれた
 ポーツマスは、アメリカのニューハンプシャー州)





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。