So-net無料ブログ作成

太陽光発電固定買取、2019年秋に終了。初期に導入した知人宅は元がとれたか。

お宅は家庭用の太陽光発電を
行っていらっしゃいますか。

わが家は、楽天が太陽光発電に参入した際、
導入可能かどうかの情報サイトを公開。
それで調べた所、太陽光のあたる時間が少なく、
導入不可能と出たので、あきらめました。

そんな中、2009年、初期の頃に、
知人宅で太陽光発電を取り入れました。

今年の秋に買い取り終了とのこと。
どうなっているのでしょうか。
なんとその頃は1キロワット時48円だったんですね。

知人宅は、4kWで、初期設置費用は250万円ほど。
しかし国、自治体からの補助金があり、実質的な
負担額は、220万円ほどだったとのこと。

売電、消費量を抑えられた分の価格は、
どれくらいだったのか。

知人によれば、現在までに
およそ170万円ほど発電で得た計算。
減った分も合わせれば、稼いだ額は
増えるものの、
元はとれていないとのこと。
(これまでにパワーコンディショナーの故障あり。
 1回3万円ほどのメインテナンスを3回ほど実施)

今後ですが、自家消費を増やす。
安くなった蓄電池を購入する
という方向で考えているとのことです。

ただ蓄電池は安くなったとは言え、
十万円単位なので、購入すると
元を取るのは遠のくとのこと。

ただ災害時には、安心はできると考えているそうです。

〇設置場所、初期費用などにより、
 発電量、かかった額が異なるため、
 必ずしも元がとれないということはない。
 東京都の場合は、大体10年で償却できると
 いうのが一般的。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。