So-net無料ブログ作成

自分の木を見に行く。東京都中央区の誕生記念植樹。

東京都中央区に住んでいます。

近所には、スポーツ施設が入った
総合スポーツセンターがある
浜町公園があります。

最近はサボり気味ですが、
以前は毎日のようにウォーキングで
回っていました。

日中、公園の中に砂場などの
遊び場があるので、子連れの
お母さんたちがたくさん。

あるとき、その人たちの近くを
回っていると、「誕生記念植樹」、
「わが子の木」という言葉が聞こえてきました。

不審と思われないように、ちょっと離れた
ベンチで休むふりをして、聞いてみました。

その中の一人のお母さんは、区から連絡がきて、
息子さんのために植樹をしたんだそうです。

一人に1本という訳ではなく、
ソメイヨシノの木に、前年に生まれた
赤ちゃんの名前入りのプレートを
つけてくれるとのこと。

遊びに来るたびにその木とプレートを
確認するんだそうです。

聞き終わった後、後ろに下がると、
確かにプレートがついた桜の木が
ありました。

東京都中央区では、平成元年から
毎年3月に、前年に生まれた中央区の
お子さんの誕生を記念した植樹が
区の公園で行われているんですね。

浜町公園も植樹場所の一つ。

誕生記念植樹
https://www.city.chuo.lg.jp/kankyo/koenzido/ibento/tanzyokinensyokujyu.html
以前、自分の木を見に行く
知人の話を
このブログで書きました。

その知人の場合は、自分や自分の親が
植えた木ではなく、勝手に自分がこれ
と決めた木ですが、この中央区のように
自治体が誕生を記念して植樹したり、
親などが木を植えるということは結構、
あるようです。

残念ながら、もう切ってしまったのですが、
わが家でも自分そして弟の誕生記念に
父親が、狭い自宅の庭に杉と檜の木を
それぞれを植えました。

ところが狭い庭なので、10年余りで育ちきってしまい、
お隣に迷惑がかかるので、切ってしまったのです。

しかし自分の木があり、それを眺められる
というのは、気分のよいものでした。
落ち込んだ時にもその木を見ると励まされたものです。

知人は、有名な巨木で、樹種、枝振りなどが
気に入ったものを自分の木と決めていたよう。

やはりいやなことがあったとき、気分が沈んだ時に
見に行き、幹に手を当てるなどして、元気、生命力を
分けてもらっているそうです。

その知人や桜守の人の話を聞いて、
自分の桜を決めているのですが、
桜だけでなく、常緑樹でも自分の木を
決めたいなと思います。



ピジョン、赤ちゃん誕生記念育樹キャンペーン実施中
すでに30年以上の歴史があるようです。
https://www.pigeon.co.jp/csr/ikuju/sanka/





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。