So-net無料ブログ作成

従兄弟が住む岐阜の飛騨川で鮎解禁。しかし従兄弟は落ち鮎狙い。

6月の梅雨の時期。
鮎の解禁の時期ですね。

毎年、家の隣を流れる川でとった鮎、
そしてそれを甘露煮にして
親戚が送ってくれます。

従兄弟が鮎を捕っているのですが、
この6月の解禁の時期の鮎は、若鮎。

秋の落ち鮎に比べ、
小ぶりでスリム。
味わいも軽やかで、
こけの香りもしますが、
はらわたの苦みは若干軽いそう。

梅雨の時期に降る雨で、
鮎の餌である川の藻類が増え、
より香りも強く、身も太ってくる
のだとか。

雨が鮎を育てるんですね。

従兄弟が鮎をとっているのは、
正確には飛騨川本流ではなく、
そこに注ぐ支流。

地元の人しか漁をしない場所。
子供時代から長年、とり続けている
場所ですが、年々、魚体が小さく、
とれ高も少なくなっているそうです。

飛騨川漁業協同組合
http://hidagawa.com/

従兄弟は味で言えば、若鮎より、
秋の落ち鮎が好み。

食べ方は、取れたてなら、やはり
炭火焼きした鮎の塩焼きが一番とのこと。

今年はこの6月に岐阜に行けそうなので、
川の近くで焼きたての熱々の鮎を食べるのを
楽しみにしています。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。