So-net無料ブログ作成

「最後の一人になっても」と話していた友人。ついに卒煙。

自分の身の回りの喫煙者。
かなりの人がたばこをやめています。

そんな中、最後の一人になっても
タバコをやめないと言っていた友人。

なんとこのほど、卒煙したとのこと。

やめるきっかけは、
自身の体の不調。

ずっと声がかれ、
立ちくらみがしたり、
心臓がドキドキしたりなど、
自分でもまずいと思えるほど、
体調が悪化、体力も衰えているのが
わかったと。

年齢もさることながら、
やはり喫煙が害を及ばしているのではと
考え、今更ながらと思いながらも禁煙することに。

卒煙した先輩に聞いたところ、
やはり自分一人では無理。
医者の力を借りるのがよいとのことで、
禁煙外来に通ったそうです。

禁煙外来
http://www.ncvc.go.jp/hospital/section/nonsmoking/

問診から始まり、生活改善指導。
禁煙パッチ、内服薬など、総合的に実施。

3ヶ月余りで禁煙に成功したとのこと。

薬だけでなく、それまでタバコを吸っていた
環境そのものを変えることが、禁煙成功の
大きな要因とのこと。
(タバコを近づけない。自分がタバコをすっていた
きっかけ、時間を分析。食後、コーヒーがきっかけ
としたら、それを意識し、食後すぐに席を立つとか、
歯を磨く、コーヒーをお茶にするなどする)

禁煙した後、気づいたこと。

顔色がよくなった。
体全体の血行がよくなった。
香り、味がわかるようになった。
(自宅のタバコ臭さがわかるように)

《禁煙してみようと思ったら?》
https://sugu-kinen.jp/learn/method/

今後もまた喫煙者に戻らないように
努力を続けるとのことです。

自分は喫煙歴がないので、
ニコチン依存症の怖さを知らないのですが、
何歳からでもタバコをやめると、健康が
回復するとのこと。

健康のためには、
やはり止めたほうがよいですね。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。