So-net無料ブログ作成

2020年の東京五輪を目指し、定年の知人、フィリピンに英語留学中。

先日、姪っ子にあったら、
この夏、地中海の真ん中、マルタ島に
1ヶ月ほど英語留学に行くと教えてくれました。

マルタ島は、イギリス領だったので、
英語がよく通じます。

なので海外から英語を留学する人が
年間を通じ来るんですね。


彼女はアメリカ西海岸、ボストン、
オーストラリアなどにも
語学留学しています。

姪っ子に聞いた所、最近は10代20代の若者以上に、
60歳以上のシニアの
参加者が結構、多いのだそう。

そんな中、数年前に定年を迎えた
知人から連絡が。

なんと現在、フィリピンのセブ島に
語学留学中。

知人も世界各地で英語を研修していますが、
今回はフィリピンで期間は3ヶ月だそう。

フィリピンは他の国・地域に比べ、
物価が安く、気候も良いのが利点。

カナダ、アメリカ、イギリスだと、
マンツーマンの授業がかなり高いのですが、
その地域のグループレッスン以下の値段で、
マンツーマン授業が出来るんだそうです。

セブ島の場合、リゾート地でもあるので、
週末に気分転換を図ることも出来るのも魅力と。

ただ学校により、偏りがあり、韓国からの
留学生が多い学校、日本人が多い学校など、
自分の好みに合わせて選ぶことがコツのようです。

知人の場合は、オンラインレッスンを受講。
それである程度、地固めをした後、学校を決め、
留学を決行したとのこと。

また目標を定めることも重要。
どのくらいのレベルを目指すのか。

仕事でばりばり使えるレベルなのか、
海外旅行などで困らないレベルなのか。

それによってレッスン、留学期間、1日あたりの授業時間、
先生の教え方、カリキュラムも異なってくるからです

知人の場合は「2020年の東京五輪にくる
海外からの旅行客に東京の良さを伝えたい。
しっかりとコミュニケーションがとれるようになりたい」
という目標が。

なので、東京の名所、歴史などを
語れるような、項目も教えてもらっているそう。

〇大学付属の語学学校もあり
〇日本人経営の学校 
 食事などの面で安心感がある。
 (知人の場合は、日本人経営ではない学校を選択)
〇日本語対応スタッフがいるか 
 何かあったときに安心。
〇語学学校 
 授業料の他、三食の食事代、住居費が
 含まれていることが多い。
 食事があわない場合、外食も。
〇セブ島は一般的に治安が良いが
 地区により違いがある。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。