So-net無料ブログ作成

知人の楽しみはオープンガーデン巡り。

緑の美しい季節ですね。

この時期、各地で
オープンガーデンが開かれています。

ご存じですか。

オープンガーデンとは、園芸好きな一般の方の手入れの
行き届いた庭を効果する催しです。

昔、カナダのバンクーバーに旅行した時、
オープンガーデンをいくつか
巡ったことがあります。

家庭園芸が盛んなイギリスで
1920年代に始まったそう。

ナショナル・ガーデン・スキーム発行の
「イエローブック」という冊子には、
オープンガーデンをしているイギリスの
個人の庭が数千箇所も紹介されているんだそうです。
(庭の住所、広さ、特徴、入場料、公開日などの
詳細情報が掲載。イギリスらしく、お茶、ケーキの
サービスが有るかどうかも)

日本でも、このオープンガーデンが
盛んになってきました。
自治体が音頭を取り、登録制で庭を
公開しているところも多くなっています。

東京都小平市のオープンガーデン
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/007/007479.html
千葉県市原市(2010年は終了)
《いちはらオープンガーデン2019》
https://www.city.ichihara.chiba.jp/joho/0202matidukuri/ichihara_keikan/keikanevent/open_garden2019.html
埼玉県加須市。
《オープンガーデン加須2019」を開催します。》
https://www.city.kazo.lg.jp/kurashi/kankyou/hozen/16371.html
長野県小布施町、オープンガーデン
https://www.town.obuse.nagano.jp/site/opengarden/

知人は、園芸好きですが、
マンション住まいなので、庭はなし。
なのでこうしたオープンガーデンを
見に行くことがとても楽しいんだそうです。

植物園などと違い、制約がなく、
庭の持ち主の個性が反映されるので、
とてもユニークなものが多いんだとか。
その偏りぶりが味わえるのが楽しみだそう。

日本でも「イエローブック」
(ガイドブック)が出版されています。



素晴しい庭の写真を見ていると、
自分も見に行きたくなりました。

2019年5月23日、
読売新聞都内判、《地域力》で
取り上げられているのは《小布施町》。

小布施町のオープンガーデンが
取り上げられています。
2000年に待ちの主導で取り組みが始まり、
2018年には、参加者宅の庭を巡回する
無料バスの運行が始まったとのこと。
(今年は5月4日と5日。
オープンガーデンは通年実施)

クラブツーリズムでは、埼玉県、北海道の
人気の庭を巡るツアーを実施しているとのこと。
プライベートガーデンツアー
https://www.club-t.com/spgroup/feature/theme/032_garden/




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。