So-net無料ブログ作成

あなたは財布を落としたという見ず知らずの人に、お金を貸せますか。

あなたは、見ず知らずの人が、
「叔父さんの葬式にでなくてはいけないのだが、
財布を落として困っている」と言われた時、
お金を貸せますか。

那覇市の高校二年の崎元颯馬(そうま)さんは、
今年20109年4ッ月24日朝、伯父さんの葬儀に
参列するため、故郷の沖縄県与那国島に帰ることに。

ところが、モノレールで那覇空港駅に着いたところで、
往復の航空運賃が入った財布をなくしたことに気付いたのです。

パニックになって、途方に暮れているところ、
「どうしたの」と声を掛けてきた男性が。事情を話したところ、折り返し運行でドアが
閉まる間際に、男性は「降りなさい」と
崎元さんを促し、6万円を渡してくれたとのこと。

崎元さんは、無事、予約していた便に間に合い、
葬儀に参列できたものの、お金を渡してくれた
男性の氏名や連絡先を聞きそびれていたのです。

沖縄に帰ってきた後、母校、沖縄県立沖縄工業高の
先生に相談。
琉球新報と沖縄タイムスがこの体験を
記事としてネットで取り上げてくれたとのこと。

貸した相手は、埼玉県在住のお医者さんで、
猪野屋博さん。

同僚に話した所、「だまされたんだよ」と言われたのですが、
その人から、5月10日の朝、インターネットにこの記事が、
掲載されていることを教えられたそう。

そこですぐ崎元さんの高校に電話したとのことです。

猪野屋博さんは、那覇市出身。
沖縄に恩返ししたいので、お金を貸したようです。

なお崎元さんがなくした財布は乗車駅で発見され、
現金も手付かずで戻ってきたとのこと。

こちらもよかったですね。

猪野屋さんは、今月下旬、那覇市を訪れる予定。
そこで崎元さんは、猪野屋さんと会って、
御礼をのべ、手作りの贈り物を渡すのだそうです。

ここで少し個人的に疑問に思ったのは、
6万円という額。

沖縄本島から与那国島片道なら正規運賃でも4万円ほど。
(彼が無くしたのは往復の航空運賃だが。帰省後、借りられる)
これはお金を渡した猪野屋さんも「羽田に行く片道よりも高いな」
と疑い、「6万円は貸せない」と一度は告げたとのこと。

しかし崎元さんの悲しそうな顔を見て、6万円を渡したそうです。

なお崎元さんは一度も、お金を貸してほしい
とは言わなかったとのこと。
相手を信じて、帰ってこなくても良いと6万円を貸したようです。

続いて疑問に思ったのは、連絡先がわからなかったこと。
社会人なら名刺を持っていると思うのですが、
猪野屋さんは名刺を持ち歩いていないので渡せなかったよう。

また崎元さんは乗りたい飛行機の出発時間が迫ったこともあり、
御礼と自分が「沖縄工業の高校生」であることは告げられたものの、
相手の名前、連絡先は聞けなかったとのことです。

また猪野屋さんは、記事を教えられる前に、
沖縄のいくつかの工業高校にも電話したものの、
該当する生徒はいないと告げられ、沖縄県警にも電話し、
いきさつを説明したら、「だまされたのかもしれない」
と言われたそうです。

なお猪野屋さんは、崎元さんの所属する沖縄工高にも
電話したつもりだったが、よく似た名前の
「沖縄工業高等専門学校」にかけていたのだそうです。

と言うわけで、10日朝に、沖縄工業高専、
沖縄県警から「この記事の話ではないですか」
と連絡があったとのことです。

この記事を読んで、自分だったらお金を
貸していたかとまず考えました。

まず6万円現金を持っていることは、
少ないので、6万円と言われても
貸せない。
全額と言わないまでも数万円でも貸せるか。
これも出来ないかも。

実は同じような経験をしたことがあります。
財布を落とした方ではなく、落とした人から
田舎に帰るお金がなく困っていると。

以前、別のブログにも書いたのですけれど、
定例のウォーキングをして、近所の浜町公園に
さしかかったところ、何やら困っている若い男性が。

お金が無くて、田舎(秋田と話していました)に帰れないと。

ウォーキング最中なので、所持金はなし。

なので、家まできてもらい、お金を1万円ほど貸して
あげようかとか、とりあえず事務所に泊めて
あげようかなどと考えたのですが、
結局は、近所の交番を教えただけで終わりました。

今でもあの青年は、本当にお金がなくて
困っていたのか、寸借詐欺だったのか、
1万円でも貸してあげたほうがよかったのでは
などと思い出しました。

追記2019年5月21日
21日に、猪野屋さんは、沖縄工業高校を訪問。
崎元さんと再開しました。
崎元さんは6万円を返し、「感謝」の文字と2人の名前を
刻んだアルミニウム製の文鎮をお礼に渡したとのこと。

「直接お礼が言えてほっとしています。あのときは、
声をかけてもらえただけでも落ち着くことができた。
自分も困っている人に声をかけられるような人になりたい」
とコメントしたそうです。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。