So-net無料ブログ作成

冷房病、夏冷えを解消する夏場の入浴法。炭酸タブレット入浴剤、少量のお湯。

先日、出張に出かけたら、事情があり、
その部屋の室温は23度でした。

かろうじて長袖のシャツを着ていたものの、
長時間、そこにいると体が冷えてきました。

一緒にいたスタッフの女性は、体を動かして
いたので、多少はましだったのですが、
定期的に部屋の外に出て、暑さを体験し、
体温を戻していました。その女性スタッフから聞いた、
冷房病、夏冷えの解消法。

それはやはり入浴でした。

使うのは炭酸を発生するタブレット。

彼女たちが使っているのは、
どこでも手に入りやすい花王のバブ。
メディケイティド。
通常のそれに比べて炭酸濃度が高いそう。


使い方ですが、出来るだけ
お湯の温度を下げる。
その女性スタッフは
36度~38度ほどにしているそう。

次にお湯の量。
通常の半分ほど。
体全体がつからなくてもよく、
体をつけて、胸の下辺りまで
くればよいそう。

続いて、つかる時間。
はじめに10分ほど。

それから出て、体や髪などを洗った後、
2回目はやはり10分ほどつかる。

すなわち合計で20分ほど。

途中、汗が出てくるので、
水分補給をすること。
(できれば常温の水)

我が家でもできそうなので、
早速、実行してみます。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。