So-net無料ブログ作成

長年、なじみのうなぎ屋さんのうな重。値上がりでさらに白いご飯の面積増える。

2018年7月20日は、土用の丑の日。

スーパー、コンビニでは、
うな重を店頭で売り込んでいました。

最近、ほとんどうな重、
うな丼を食べることが
なくなったわが家。

久しぶりにと、



長年、食べに行ったり、買い求めていた
うなぎ屋さんに連絡。

うな重を頼んでみたのですけれど、
かなり驚きました。

まず値上がり。
500円ほど上がっています。

こちらのお店では自社の養鰻場で
育てたものをさばいて焼き上げている
のですが、そのうなぎの養殖のコストが
かなり上がり、その負担を吸収
できなかったとのことです。

さらに以前は、うなぎが重箱に
びっしりと敷き詰められていたのですけれど、
縦横のはじっこの方にすきまが出来、
下の白いご飯が見えていました。

この前食べた時よりも、白ご飯の面積が
増えているような気が。

最近の新聞、テレビでも伝えられていますが、
しらすうなぎの数が減っているため、これまでより
長い期間育て、以前より大きくなるまで育てているそう。

ただ大きくなるといっても「太化(ふとか)」と
称されるように、長い期間育てると、どちらかというと
太さ=厚みが増えるので、同じ重量だと開いた時、
肉厚な分、上から見るとこれまでより小さくなり、
お重にすき間ができるのですね。

白い部分が多いと感じたのはそのためかも。

ただ育て方、エサなどに工夫を加えているので、
大きくしても、これまでと味も固さも従来のものと
変わらないとのこと。

確かにその違いはわかりませんでした。

今、うなぎの完全養殖の研究が
されているようですが、
早い時期に実用化されて、
これまでのような値段で、
食べ続けられるようになって欲しいですね。

〇うな重を買ったので、今回は買わなかったのですが、
 以前、家族がよく買っていたあるチェーンのタコ焼きも
 この7月から一舟30円の値上げをしていました。
 
 タコも今、すごく値上がりしているんだそうですね。
 国産タコは漁獲量が減り、アフリカなどの海外産も
 中国などの需要が増え上昇中。
 日本は買い負けているとのこと。
 庶民の味タコ焼きも危機!

〇タコではないのですけれど、
 大好物の一つイカゲソ。
 こちらもなんだか以前に比べて値上げしています。
 こちらは去年からイカが記録的な不漁のせいだそう。
 イカゲソ天が製造中止になってもいました。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。