So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

晩酌、風呂上がりのビールをノンアルコールビールに変えた知り合い。快眠、いびきなし。

これから暑い季節になってくると、
晩酌、風呂上がりのビール、
美味しいですよね。

そんなビール愛好家の一人である知人。
去年、秋頃、健康雑誌の記事を読み、
ビール(第三のビール)から
ノンアルコールビールに変えたそう。

その記事とは、ノンアルコールビールは



快眠を招き、ダイエット効果もあるという内容です。

その根拠はノンアルコールビールに
含まれているホップと麦芽。

ホップには、鎮静作用があり、
リラックスさせてくれる効果がある。

また麦芽には、GABAが含まれており、
それはα波を増やしリラックス状態にしてくれると。
さらにGABAには血糖値の上昇を抑えるインシュリンの
働きを助け、脂肪燃焼を活発にする働きがあるんだそう。

ダイエットにも良いという訳です。

しかし上の二つはビールも同様。
けれどビールにはアルコールが含まれており、
アルコールは睡眠を司る副交感神経を刺激してしまうこと。
また利尿作用と喉の渇きで脱水症状を招き、睡眠を中断して、
しまうという悪い影響がある。

ノンアルコールビールはそれがないと。

またつい最近、週刊現代にも出ていますが、
2018年6月2日、週刊現代。
《寝る前のノンアルコール・ビールで「ひどいイビキ」が治った
即効性バツグンの方法が続々》
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55285

アルコールは舌根が落ちて、気道を塞ぎ、
いびきをかきやすくしてしまうのですね。

ノンアルコールビールはもちろんのことそれがない。

夏はただでさえ、脱水気味。
寝酒はやめ、ノンアルコールビールが
正しい選択と言えそうです。

〇アルコールがないと物足りないと
 知人は考えてみたが、ホップの香りと
 苦みがあると、「ビール」を飲んだ気になり、
 満足するとのこと。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。