So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハワイ島のキラウエア火山が噴火のニュースを見て、ハワイに移住した親戚を思い出す。

夕食をとりにキッチンに下りたら、
ちょうどNHKの7時のニュースで、
ハワイ島のキラウエア火山が噴火したと
伝えていました。

母がそのニュースを繰り返して
教えてくれたのですが、不意に以前にも
同じような体験をした記憶がよみがえりました。

そうキラウェア山はたびたび噴火していますが、



以前の噴火した際のニュースをきっかけに、
岐阜からハワイ島に移住した親戚の話を
してくれたのでした。
(調べたら、2011年3月8日でした)

岐阜の山中。
今は誰も住んでいない
親戚の家と畑があります。

そこの世話をしているのは、
その屋敷の当主の甥夫妻。

その屋敷の当主は、もう随分前、
そう戦前にハワイ島に渡ったのでした。

屋敷の周囲には塀、堀があり、
地方領主の城跡として町から
文化遺産に指定されたんだそう。

それほど歴史のある広大な屋敷でしたが、
母より1世代上のその屋敷の当主が、
散財し、身を持ち崩し、心機一転をはかるため、
故郷を離れ、ハワイに移ったのでした。

相当な借財があったそうですが、
屋敷と畑は残ったよう。
というか、それ以外の莫大な資産は残らなかった
といった方が正しいのかもしれません。

残った屋敷と畑の
世話を甥に任せたのです。

移住した親戚はそれから日本に
帰ってくることはなかったのですが、
母の実家には、ハワイから荷物を
何度か送ってくれたそう。

その中に缶詰のパイナップル、
チョコレート、インスタントコーヒーがあり、
母はその荷物で、それらの存在と
ハワイ島という場所を知ったといいます。

その身上をつぶした親戚は、
ハワイ島に移った後、子連れの女性と結婚。

コーヒー園を経営していたようです。

しかし、二人の間に子どもは生まれないまま、
親戚は亡くなってしまい、コーヒー園などは、
結婚相手の連れ子の人がついでいるとのことです。

残念ながら、そこでつきあいは
途絶えてしまいました。

以前にも一度はその親戚を訪れてみたい
と書いたのですが、その後7年たったのですが、
母からその親戚の詳しい情報を聞いていません。

時ってぼやぼやしているとすぐに
過ぎ去ってしまうもの。

この連休中にも、詳しく聞いておかねば。

追記2018年5月5日
母に話を聞き直して見たら、
いろいろ記憶が不確かなところも。

ハワイ島のヒロに行ったのは
父ではなく、父の妹と、舅姑との3人。

親戚はコーヒー農園ではなく、
別の仕事をしていたようです。
結婚した相手は子持ちの日本人女性。

甥夫妻は、家と墓を嗣ぐため、夫婦で
移住した親戚の叔父さんの養子に。

甥夫妻は別の所に住み、生活。
現在は家はなく、広い土地の一部を
畑として使っているそう。

甥夫妻の子ども(母にとっては甥)は、
その家屋敷があった近くのゴルフ場に
よくゴルフをプレーに。

その都度、墓参りなどしていたようですが、
畑を作り続ける意思はなく、今後、どうしようか
悩んでいるとのこと。

またハワイ島の親戚とはもう長らく交流はないよう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。