So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

自転車での仕入れに限界。寿司屋の大将、閉店を決める。築地から豊洲。わずか2キロだが。

先日、「たまにはお寿司でも食べたい」と
家族の意見が一致。

長年のなじみのご近所の寿司屋に連絡。

そうしたら
「しばらくお休みを頂いています」
と思いがけない返事。

原因は、



築地への仕入れに
自転車で行っているけれど、
転んで怪我をしてしまったから。

びっくりしたのが、80代を超えて、
築地まで、自転車で仕入れに
行っていたこと。

わが家から築地まではおよそ4キロ。

自分も何度も聖路加国際病院、築地本願寺、
築地市場などに自転車で行ったことはありますが、
すべてスポーツサイクル。

大将がつ買っているのは荷物を積む、
がっしりとした営業用自転車。
結構重く、空荷でも体力がいります。

また我が家からだと清洲橋通り、
新大橋通りを行くことになりますが、
結構な交通量。
安全面も心配です。

それを週に6日も、通い続けていたとは。

「何十年とやってきたことだから」と
母には話していたそうですが、
今回の怪我は、相当応えたようです。

大将を弱きにさせたのは
体力の衰えもありますが、
もう一つ原因があります。

それは、この秋の築地の豊洲への移転。

築地から豊洲は、わずか2キロほどですが、
隅田川を越えて、橋を渡るというのは
体力的にも、精神的にもかなり
ハードルが高いとのこと。

以前から自分が築地に仕入れに
行けなくなったら、
店をたたむと決めていたそう。

この怪我がその決心を
後押ししたのかもしれません。

怪我が治ったら、再び築地に仕入れに行き、
最後の営業を続け、梅雨、夏前に営業終了の予定とか。

残念ですが、仕方がありません。

最後の営業中に、もう一度、寿司を注文し
食べ納めをしたいと家族で話しあいました。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。