So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仏壇、箪笥を処分した知り合い。直前にお宝見つける。

長年、持っているものの着ていない服や、
使わなくなった家具、電気製品などを
処分しているという方、多いと思います。

先日、母がごそごそしていると思ったら、
クロゼットロッカーに入っていた下着、
靴下類、普段着をごっそりと処分していました。

ロッカーの中に残った



下着、衣類はほんのわずか。

ほかに移せば、そのロッカー自体も
捨てられるなんて話していました。
近いうちに我が家から安物の
クロゼットロッカーがなくなるかもしれません。

本当に不要品って多いですね。

知人も、自宅そして両親が住んでいた実家の
片付け、不要品処分を実施したのですが、
その際に注意した方がいい点を教えてくれました。

その注意点の一つが、
古い仏壇・箪笥の処分です。

昔の箪笥ですから一枚板のしっかりした造り。
捨てるのはもったいなく、業者に見積もりすれば
お金をもらって、引き取ってくれる可能性もあるよう。

つまり価値がつく場合があるんですね。

業者に買い取ってもらう場合も、
価値がつかなくて捨てる場合にしても、
必ず確認しておかないといけないのは、
中に何か貴重な品が残っていないかどうか。

わが家の箪笥にもあったのですが、
昔のそれには、泥棒よけのために、隠し戸棚、
隠し引き出しがついていることがあるんだそう。

代々伝わっている内に、その隠し引き出しを
引き継ぎ忘れ、大事なお金、貴重品がそのまま
になることがあるんだとか。

それをしっかり確かめておくこと。

知人は3代前の祖母の嫁入り道具の箪笥を
処分する直前に、母親から、右端のカギの
かかる戸棚の引き出しの奥に隠し戸棚、
小箱が入っていると教えられたことを
不意に思い出したといいます。

手前の引き出しを、全部出して、
奥をのぞいてみたら、はたして小箱が。
それを開けると、金の指輪やネックレス、
記念コインなどが出てきたといいます。

また着物を収めた引き出しの奥にも
隠し戸棚があり、そこにも宝石類
(真珠、珊瑚など)が眠っていたとのこと。

それらは数十万単位の
値打ちがあるものだったそう。

他にも戸棚奥の板の裏側に、
証券類が貼ってあったり
なんてケースもあるようです。

代々伝わる家具類を処分する際には、
業者にまかせてしまう前にしっかりと
自分の目で確かめた方がよさそうですね。

わが家の箪笥にも、隠れたお宝がないかなー。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。