So-net無料ブログ作成

皆既月食を家の屋上から眺めました。小学生の時以来。思っていた月と違う。

2018年1月31日午後9時前から、
皆既月食を家の屋上から眺めました。

今夜はそんなに寒くなく、
1時間ほど外で。

皆既月食をじっくりと眺めるのは、
久しぶりです。

もしかしたら小学生の時以来かも。

今回の月食は、消えた時、
赤銅色に輝く
「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」だそう。



今夜の東京は、天気がよく、
冬なので空気が澄み、
くっきりすっきりと見えます。

肉眼で見たときも、見えたのですが、
双眼鏡で見た時は、月の輪郭の縁が
オレンジ色になっていたり、黒くなった部分の
縁が見えたりして、とても楽しめました。

皆既となったのは午後9時51分。

このエントリーを書いている時は、
皆既状態が続いています。

小学生の時に見た記憶では、
真っ黒になり、月が消えた状態だったのですが、
もしかしたら、日食と勘違いしているのかも。

天文現象を、長らく遠ざかっていたのですが、
同級生、同年代の友人、知人に聞けば、
年を取ると、関心が復活するよう。

それは次に起こるときは
もう見られないかも。

そんな気持ちを抱かせるほど、
人生の残り時間が少なくなった
からかもしれません。

国立天文台、1月31日皆既月食
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180131/

〇今回の皆既月食は、今年最大級の大きさに見える満月「スーパームーン」。
 そして1カ月で2回目の満月である「ブルームーン」。
 そして皆既中には血のような色になる「ブラッドムーン」であることから、
 NASAは、それらを合わせて
 「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼んでいます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。