So-net無料ブログ作成

久しぶりにあった友人。歯の矯正中。理由は金属アレルギー。

久しぶりに会った友人。

食事をして対面した時に
気づいたのですが、
歯の矯正をしていました。

近況の話となったときに、



友人から矯正の話を始めました。

以前から歯ぎしり、肩凝りがひどく、
悩んでいたところ、彼女の友人が、
歯の矯正をしてよくなったと聞き、
その紹介で歯科医院に通い始めたとのこと。

始めるにあたり、アレルギーの検査を
別に行なったところ意外な事が判明。

それは数多くの金属アレルギー。
銀と24金は大丈夫だったものの、
プラチナを含め数多くの金属に関して、
アレルギーを持っていたそう。

このため歯に詰めていたアマルガム
(18金の金歯を含む)を
取り除くことを勧められたようです。

また将来的に、インプラントも出来ないと
言われたとのこと。

このため、今の歯を失わず、
ずっと保つために、歯の矯正を決心したと言います。

すでに矯正を初めて1年あまり。
歯の方、さらに肩凝りはかなり改善されたよう。

けれど歯の矯正はあと1年半。
またその後、リテイナーの装着を1年(?)
しなくてはいけないよう。

自分も年をとってから、
下の前の方の歯が押され、
歯並びが悪くなっていて、
歯磨きの弱点になっています。

歯医者・歯科衛生士さんからは、
矯正の必要性はないと言われるものの、
日頃の手入れは特に念入りにして下さい
と注意されています。

歯の矯正は60歳を過ぎても可能で、
今は長寿になったので、実施している人も
珍しくないそう。

歯、口腔内の健康は、生活習慣病、
認知症の発症、症状に大きく関係している
と言われています。

矯正はともなく、日頃の歯の手入れを
今以上に頑張らねばと感じました。

〇歯磨きは歯間・歯茎の汚れを
 落とすのが第1の目的。
 ゴシゴシ横磨きは歯を痛めるだけ。
 縦にやさしく磨く。
〇食後、すぐには磨かない。
 唾液による口中の環境を保つ働き、
 歯の再石灰化を抑えない。
〇フロス、歯間ブラシ、航空洗浄器、
 洗口液などの利用。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。