So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

雪かきで知ったご近所の過疎化と高齢化。

2018年1月23日。

東京地方は前の夕方から
雪が降り続き、都内で23センチの
積雪となりました。

朝8時、家の前の道路の雪かきを
しに外に出ました。

すでにお隣は、きれいに



雪がどけられています。

たしか4年前の大雪の時に、
近所の資材屋さんで買った
雪かき用シャベルで、雪かきを始めました。

また踏み固められていないので、
意外に簡単に雪が持ち上げられます。

まず道路の端の溝に集め、
道路の真ん中の雪をどけます。

ついでにお向かいのお宅の前の
雪を端に集めます。

その後、溝に集めた雪を
排水口をふさがないように
まとめて、少し固めて出来上がり。

お隣と前の分もやったので、
全体で40分ほどかかりました。

母に言わせると、昔は、
近所に問屋さん、商店さらに
住宅があり、多くの人が住んでいたり、
勤めていて人手があったので、
あっという間に、雪かきは終わったそう。

今は、問屋さんがほとんどなくなり、
住宅もマンションが多くなったので、
そこの管理人、管理会社の人が、
雪かきをするのですが、どうしても
出勤後になるので遅くなってしまいます。

また残っている住宅の住民の年齢が、
母と同じく高齢化していて、
その子どもたちはよそに
出ていることが多いので、
なかなか雪を片付けられなくなっています。

しょうがないとはいえ、寂しいですね。

ただ新しく出来たマンションの住民は、
若い夫婦と子どもの世帯が多いので、
お祭、季節の行事はにぎわい、
人手が増えたのが、少し救われる点です。

あまり起こって欲しくはないですが、
大雪などの災害の際には、
ご近所の力は欠かせませんから。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

LargeKzOh

 当方の横浜市北部丘陵地帯でも事情はよく似ています。
 坂が多いので雪かきは欠かせません。
 お勤め現役の方々が年金・医療を含む社会保険料を納めて戴かなければ自分等の生活は保ちませんから、高齢者等がせっせと雪かきです(苦笑)。

by LargeKzOh (2018-01-24 10:48) 

nikitoki

LargeKzOhさん。コメントをいただきありがとうございます。横浜市の友人(女性)宅は、76歳のお母様が早朝から雪かきを行なったそうです。
by nikitoki (2018-01-24 14:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。