So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脚本家の早坂暁さんが死去。思い出す父の故郷と鹿島。

脚本家の早坂暁さんが、
2017年12月16日、亡くなられました。

88歳でした。

早坂さんの作品では、
「花へんろ」「夢千代日記」シリーズ、
また「天下御免」などが印象に残っています。

早坂さんのご出身は愛媛県松山市出身。
そのように新聞などでは書かれていますが、




平成の大合併で松山となった、
北条市(北条町)でした。

実は父の故郷でもあります。

早坂さんは渋谷の公園通りの
ホテルを定宿、仕事場としていました。

ホテルの喫茶店でコーヒーを飲んでいたり、
公園通りの某所で、猫と戯れていた姿を
何度もお見かけし、お話をしたことがあります。

その時に父が同郷であり、年も近いことを
告げたところ、親近感を持って頂いたようで、
懐かしげに故郷のことや、昔のことを、
熱心に話して下さいました。

「花へんろ」は、自伝的なドラマですが、
そのドラマで描かれた風景を、
実際の風景と重ね合わせることが
できたのは、幸いでした。

早坂さんは、渥美清さんと
親友でいらっしゃいました。

渥美さんは北条を何度も訪れ、
早坂さんの生家の近く、
沖合に浮かぶ鹿島で、鯛めしを
よく召しあがっていたそうです。

長い間、父の故郷も訪れていませんが、
早坂さんの訃報を聞いて、
お遍路の季節が始まる春先にでも、
訪れたいなと思いました。


《ダウンタウン・ヒーローズ》(Amazon)

《公園通りの猫たち (早坂暁コレクション)》(Amazon)


ご冥福をお祈りいたします。

愛媛県、地元の南海放送オンデマンド
《2017.11.22
「えひめ情熱人」~早坂 暁 第4回~(11月21日放送)》
http://www.spiral-pf.com/rnb/2017/11/22/%E3%80%8C%E3%81%88%E3%81%B2%E3%82%81%E6%83%85%E7%86%B1%E4%BA%BA%E3%80%8D%EF%BD%9E%E6%97%A9%E5%9D%82%E3%80%80%E6%9A%81%E3%80%80%E7%AC%AC%EF%BC%94%E5%9B%9E%EF%BD%9E%EF%BC%8811%E6%9C%8821%E6%97%A5/

《北条地区まちづくり協議会》
《俳優・渥美清さんが愛した島   鹿島》
http://hojobaka.wixsite.com/1234/--c1nk6

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

nikitoki

2018年8月1日、NHKのBSプレミアムで《早坂暁を探して~桃井かおりの暁さん遍路~》が放送されました。早坂さんのゆかりの地を桃井さんが訪れ、関係者と話すという内容です。早坂さんの故郷、松山市の鹿島にも船で渡り、太田屋旅館の海の見える座敷で鯛めしを召し上がっていました。小さい時に訪れた場所なのでとても懐かしかったです。2018年8月4日午後9時から、早坂さんの遺作ドラマ「春子の人形」が放映されます。
https://www.nhk.or.jp/dsp/hanahenrosp/
by nikitoki (2018-08-04 12:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。