So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中村屋三代を支えた中村小山三さん。94歳で亡くなる。

歌舞伎俳優・中村小山三さん
(なかむら・こさんざ)さんが
2015年4月6日、亡くなられました。

94歳でした。
現役最高齢の歌舞伎俳優で、
最後まで舞台に立ち続けていました。

四歳で三代目中村米吉
(後の十七代目中村勘三郎)に弟子入り。
以来、90年。

十七代、十八代、そして現在の中村勘九郎、
七之助兄弟と「中村屋」を支えてきました。

中村屋を追い続けた番組が、
フジテレビでずっと放送されていました。

その中で、小山三さんが、
今の勘九郎、七之助兄弟を
育て、指導する姿をご覧になった方は
多い野ではないかと思います。

兄弟だけでなく、先代の勘三郎さんが、
小さい時から、やはりずっと演技指導し、
世話を焼いていらっしゃいました。

フジテレビ
《密着!中村屋ファミリー 大奮闘2014》
http://www.fujitv.co.jp/nakamuraya/story.html

去年の秋には、
《「ザ・ノンフィクション」
- 今がサイコー!94歳の歌舞伎役者・中村小山三(仮) -》
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/797144/index.html
という番組で、小山三さんを
特集するドキュメンタリー番組が放送されました。
(このとき、書いたはずのエントリーが見つからない……)

これまでほとんど語られなかった
生い立ち、入門から今に至るまでの日々、
そしてマンションでの1人暮らしの様子などが、
細かく丁寧に取材され、紹介されていました。

若い頃は舞台の主役になりたい、
しかし門閥ではないので、それは出来ない。
といったことで相当、悩んでいらしたようです。

けれど脇役として、また知恵袋として
かけがえのない存在になると頭を切り換え、
修行し、舞台を見、芝居に関することなら、
なんでも身につけ、覚えました。

それがどんなに十七代、十八代、そして
現在の兄弟を支えたことか。

十七代目勘三郎には
「俺が死んだときは小山三を棺桶に入れてくれ」、
十八代目中村勘三郎からは、
「家宝」とまで言われるようになりました。

脇役なのに、携帯ストラップも販売され、
登場するだけで、客席をわかせる役者は、
そう多くはありません。

舞台に出ると、古風な趣が漂い、
ぴしっと芝居がしまりました。

番組を見て感銘を受けたのが、
小山三さんの「今がサイコー」との言葉。

いろいろあっても、大好きな芝居を続けられる今が、
人生の中でサイコーと言い切ったその姿は、
光り輝いていました。

自分が年を重ねたときに、
そんな言葉が言えるだろうか
とも思わされたものです。

今頃は、きっと先代、
先々代の勘三郎さんたちと
大好きな歌舞伎の話を語り合い、
そして勘九郎、七之助兄弟、
さらには勘九郎さんの長男・七緒八くん、
次男哲之くんの成長ぶりを
報告しているのではないかと思います。

今は、ゆっくりお休みください。

長い間、素晴らしい舞台を
どうもありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。



関連エントリー
《亀の知恵》
最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん。94歳で亡くなる。中村屋を三代にわたり支える。




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

nikitoki

2018年11月9日、フジテレビ系、《密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界が喝采&7歳5歳涙》が放送されました。
https://www.fujitv.co.jp/nakamuraya/index.html
by nikitoki (2018-11-10 00:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0