So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

作詞家の阿木燿子さん転倒して顔を怪我。自分の閉眼片足立ちテストの結果にショック。

毎日、ウォーキングをしているのですが、
このところ、真面目にしていないせいか、
足の衰えを自覚するようになりました。

日本経済新聞夕刊の連載《明日への話題》。
6月7日付け、作詞家・阿木燿子さんの
エッセイを読みました。

タイトルは《転倒》。
自宅からエステティックサロンに行く途中で転んだ
という体験をつづっていらしゃいます。

サロンまであと2、3分のところで、
足がもつれ、受け身もとれず、
顔から転んでけがをしてしまったそうです。

平坦な道で障害物もなく、
誰かにぶつかったわけでもないのに。

原因は?

《要は自分が思っているより、
足が上がっていなかったのだろう》と自己分析され、
それがすごく悔しい》と。

最後は、
《加齢のせいにするのも癪だし、かといって、
ちょっとした弾みというのも釈然としない。
どうぞ、皆様も転倒には、くれぐれもご注意を》
と結ばれています。

いやー、阿木さんより年下ですが、
見過ごせません。

特別に鍛えていない場合、年齢を重ねると、
筋力が低下し、足が上がりにくくなります。

また筋肉・関節が硬くなり、柔軟性が失われ、
可動範囲が狭まり、動きがぎこちなくなります。

さらに運動能力、平衡性=バランス能力なども
次第に落ちていきます。

けれど、頭の感覚は、若い時のまま。
体と頭のギャップで、つまづいたり、
ぶつかったり、転倒したりということが起きるのですね。

自分で衰えを確認すべく、
あるチェックテストをしてみました。

それは、閉眼片足立ちテスト。
http://jhei.net/exercise/exercise_f/exercise_f4.html

平衡性=バランス能力を見るものです。
一度はされたことがあるのではないでしょうか?

文字通り、目をつぶり、片足で立って、
軸足を動かさず、あげた足をつかずに
何秒耐えられるかというテストです。

年をとるほど、時間が短くなる傾向があります。

性別・年齢ごとに、秒数と評価の目安があります。

若い時は、年齢の中でも、最高評価だったのです。

久しぶりにやってみて驚きました。

いやー、全然だめ。

年齢でいうと、「やや劣っている」まではいきませんが、
「ふつう」の評価に。
10年前までは、3分くらいは楽勝だったのに。

鍛えれば、このバランス能力は、向上するので、
ストレッチ、筋力トレーニングも含め、鍛え直すつもりです。

なお、上記リンクにも書いてありますが、
テストをするときは、
くれぐれもけがをしないようにお気をつけ下さい、

日本健康運動研究所のサイトには、
上のほか、柔軟性、持久力などを
自分で測ることができるセルフチェック法が
紹介されています。

一度、やってみるといいかもしれません。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(5) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

nikitoki

《【ぴいぷる】作詞家・阿木燿子「プロの仕事をするには最高のアマチュアでないと」 ドラマチックな詞の世界を生み出す秘密とは? (1/3ページ)ぴいぷる2018.11.8》
https://www.zakzak.co.jp/ent/news/181108/ent1811089113-n1.html
by nikitoki (2018-11-08 19:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5