So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

史上初、男子フィギュア個人で金メダル・羽生選手の思い。

ついに羽生選手、金メダルです。

今回のソチ五輪を見ていて、
感心したことがあります。

それは、
羽生選手に限らず、高梨選手、平野選手など、
メダルをとったとらないに関係なく、みんな、
取材、インタビューに対し、
自分の言葉でしっかりと答えているということです。

実況中継をするアナウンサー、解説者に
見習ってもらいたいくらい。

そして2番目は、小さいころから、みんな、
日本一、そして世界一をと目標をたて、
それを文集に書いたり、周囲に言葉として
伝えていること。

テレビで羽生選手の小学生の頃の
映像が紹介されていました。

その中で、彼ははっきりと、
将来、オリンピックで金メダルをとる
と語っていました。

けれどその道は、必ずしも順調ではなかったよう。

今でもスリムな体ですが、小さい頃は、
体がきゃしゃで、体力もなかった。

また能力も決して優れていたわけではなく、
同年代の選手に比べて、3回転など、ジャンプの
習得も遅かったそう。

それを強い意志と努力で補ったんですね。

試練もありました。

東日本大震災で仙台の自宅が被災。
避難所暮らしを余儀なくされ、スケート自体も
やめようと思ったとのこと。

その気持ちを変えたのは、
高橋大輔選手などが行った被災地での
フィギュアスケートのチャリティイベント。

そこに招待され滑った羽生選手は、
やはり自分にはスケートしかないと悟ったと。

練習場だった仙台のリンクも被災し、
練習できなくなったため、
カナダに拠点を移した羽生選手。
ずっと仙台で練習したかったと語っていました。

カナダでの収穫は多かったようです。

カナダに渡り、世界一の請負人とも言われる
オーサーコーチの指導を受け、
さらにSPで3位となったフェルナンデス選手という
身近なライバルに出会い、大きな刺激を受けました。

それらが、今回の金メダル獲得の
大きな基盤となったみたいですね。

4回転ジャンプが得意なフェルナンデス選手から
学んだことも多かったよう。

そのフェルナンデス選手。
SPの後、「いつもお互いに助け合っている」
「たとえ僕が表彰台に上がれなくても、
彼が上がればすごく嬉しい」
などと答えていました。

ライバルよりも友達。
こんなコメントができるフェルナンデス選手、
すばらしい。

うらやましい、関係ですね。

羽生選手は、フリーの演技が終わった後、
リンクに向かって深々と一礼していました。

これも見ていてなんだか気分が良かったですね。

羽生選手は、これまで日本のフィギュア界を
引っ張ってきた高橋大輔選手をはじめ先輩方に対して、
感謝の念を、以前から表しています。

「高橋先輩はじめ、いろいろな方たちが
道を開いてこられたから今がある」。

こうした先輩や周囲への感謝も、
一流の選手に共通していますね。

2013年12月、パトリック・チャン選手との
3度目の対決となったGPファイナル。

そこで初めて羽生選手はチャン選手に勝利します。

その後、語った言葉。

「相手がどうこうじゃないと気付いた。
自分がどれだけ成長できるか」。

今回、金メダルをとった後のインタビューでは、
金メダルをとったものの悔しさを表明しています。
なぜ悔しいのか?

《金メダルを取って言うのも何ですが、ちょっと悔しいと思う。
緊張の中でどれだけ自分の演技が出来るようになるかという、
いい経験になった。》
《自分の演技については悔しかったので、うれしい感情はなかった》。

他人ではなく自分を見つめる。

金メダルをとることではなく、
自分の演技を完璧にやりきる。
それを目標にする。

19歳の羽生選手から、
学ぶことは多いですね。

本当にありがとう。

○小さい頃からの強い思い。
○あきらめない心
○先輩、指導者、スタッフなどへの感謝。
○礼儀。

関連エントリー
ソチ五輪、複合個人ノーマルヒル銀メダリスト、渡部暁斗選手の小学校の卒業文集。
15歳の銀メダリスト・平野歩夢選手の名前で思い出した「夢は逃げない。自分が夢から逃げるだけ」という言葉。
ソチ五輪、スノーボードの角野友基選手。スタートで一礼。終わって一礼。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2