So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

梅ジャム、健在。消えた駄菓子屋さん。一緒に食べた幼なじみは今。

梅ジャムってご存じですか?

まさにその名の通り、梅のジャムですけれど、
スーパーにうっているような上品なものではなく、
真っ赤で強烈な酸味のある小さな袋入りの駄菓子です。

その梅ジャムを作り続けている高林博文さんの記事が、
朝日新聞に出ていました。

高林さんの梅ジャム作りは、
以前、テレビ番組でも見た覚えがあります。

荒川区の東尾久の自宅兼作業場で、
今でも毎朝1釜、80キロほどを作っていらっしゃるよう。

現在、81歳の高林さん。
乾物屋の隅にあったつぶれ梅で作り始めたのは、昭和22年、
16歳の頃、そこから今年で65年なんですね。

全盛期には、奥さんと二人で、袋に詰めて、
朝から晩まで作り続けたとのこと。
(今は、お一人で作っていらっしゃるみたいですね)

最近は、少子化、子どもの味の好みも変わったのか、
数はそんなに出ないようです。
また菓子問屋、駄菓子屋も少なくなり、
現在の取引先は、大手ディスカウントショップとか。

二人の息子さんは、どちらも会社員で
跡を継いでいらっしゃらないので、
梅ジャムは、博文さんの代で終わりのようです。

昔、自分が梅ジャムを買っていた町内の
駄菓子屋も今はなく、隣町のお店もなくなっています。

梅ジャムを見たのは、錦糸町の菓子問屋さんかなー。

薄い(小麦粉の)せんべいに、酸っぱい梅ジャム
というのが、定番だったなー。
今でも10円なんですね。

《梅の花本舗」》、梅ジャムを紹介したサイト
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/unet/issue/0806/index.html
動画
http://www.dailymotion.com/video/x906w7_yyyy-yyyy-yyyyyy_people#.UMw6UuSP6So

昔は、小学校から帰ったら、(また下校途中)、
校庭や、公園など野外で遊んで、駄菓子屋さんに
立ち寄って、好きなものを食べて、またそこで、
しゃべって遊んで、家に帰るという毎日でしたね。

外で友達と一緒に身体を動かしていたから、
あの梅ジャムが美味しかったんでしょうね。

一緒に梅ジャムを食べていた幼なじみ、友達。
どうしているんだろうなー?



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

nikitoki

新聞各紙、ネット記事でも多数伝えられていますが、「梅ジャム」の製造が2017年12月20日で終了したそうです。高林博文さんが一人で作っていた「梅ジャム」。高林さんは87歳。体調悪化、販売不振さらに製造機械の老朽化などにより、70年の節目を機に店じまいを決めたとのこと。価格は昭和40年代に5円から値上げして最後まで1袋10円。「ソースせんべい」に塗って食べていましたね。高林さん。長い間、どうもありがとうございました。これからもお元気で。

by nikitoki (2018-01-26 14:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0