So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前立腺ガンと闘い続けたゴルファーの杉原輝雄さん、74歳で亡くなる。人生は輝く。

ゴルファーの杉原輝雄さんが、
2011年12月28日朝、亡くなられました。
享年74。

死因は長年、闘い続けた前立腺がんだそうです。

小学校5年生くらいの頃から、
近所の茨木カントリークラブで、キャディーのアルバイトを始め、
中学卒業後、定時制高校に通いながら、今度は、茨木CCの
洗濯係として働きながらゴルフ修行を続け、18歳で研修生となり、
プロを目指し、1957年、20歳でプロテストに合格し、プロとなりました。

初勝利は1962年の「日本オープン」。
以後、通算62勝を上げています。

小さな体で飛距離も出ないというハンディを克服するため、
練習を重ね、長尺ドライバー、ツーピースボールなど、
新しい道具を積極的に取り入れるなどの工夫を重ねます。

そしてツアーでは、「マムシ」と名付けられたように、
決してあきらめないゴルフで、勝利をもぎとってきました。

前立腺ガン以前にも、腱鞘炎、ぎっくり腰、肋骨へのヒビ、腎膿胞など、
数多くの怪我と病気を患ったにも関わらず、復活してきました。

そして最大の敵、前立腺がん。
1997年、告知を受けますが、手術は受けず、
当初は、ホルモン注射を行ったものの、
後には、女性化し、筋肉が落ち、飛距離が出なくなる
というプロゴルファーらしいとも言える理由で、それも中止されています。

そして杉原さんは、当時、まだ一般的には知られていなかった
加圧式トレーニングを受け、筋肉増強に励んでいらっしゃいました。

その鬼気迫るトレーニングの様子をドキュメンタリー番組で、
拝見したことがあります。

そうした厳しいトレーニングの成果が実り、
2007年の「つるやオープン」で、世界最年長記録となる、
68歳10カ月で、レギュラーツアーの予選を突破。
2010年の中日クラウンズでは、アーノルド・パーマ-が、
「マスターズ」で持っていた50回連続という
同一大会連続出場世界記録を塗り替えています。(51回)

選手会の初代会長もつとめ、ツアーの発展にも貢献。
「日本プロゴルフ界のドン」と言われるほどになりました。

誰もが杉原さんのように節制し、自分を追い込むことはできません。

けれど、ガンが告知されても、決して人生は終わりでは無く、
その人の気持ち、行動次第で、その後の人生は輝く、
人生を充実させることができるという可能性を我々に、
示して頂いたと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

《日本ゴルフツアー機構》《杉原輝男》
http://www.jgto.org/jgto/WO05020200Profile.do?playerCd=1258

2004年2月号、
《手術を拒否し、「生涯現役」にこだわる男
前立腺がんと闘い続けたプロゴルファー・杉原輝雄の6年間》
http://www.gsic.jp/survivor/sv_01/04/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0