So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

続けることの難しさ。江戸時代から続く老舗の閉店に思う。

先日、長年、利用してきたお店からの挨拶状が来ていました。
毎年、年末に今年一年の愛顧に対する礼と、
引き続き、来年もよろしくとの内容の封書が届くので、
それかと思ったら、違っていました。

2012年1月に閉店。
売り尽くしセールを行うので、そのお知らせと長年の利用に対する礼でした。

そのお店は、江戸時代から続く老舗で、
現在のご主人は、八代目。

これまでいろいろと努力して、
家業の売上げを伸ばそうと工夫したのだけれど、
ついに力尽きたようです。

明治維新、関東大震災、太平洋戦争
という大きな荒波を乗り越えてきた企業が、
この平成の波を越えられなかったということですね。

商売の世界では、お上や誰かが助けてくれるという訳ではないので、
自らの創意工夫で、克服するしかありません。
けれど一方で、懸命に努力しても、時の流れという時勢もありますね。

我が家の場合、江戸時代からではありませんが、
明治時代から続く家業がありましたが、
早くから、親は、家業を継がなくていいと話していました。

そのおかげで、自由に進路を選択できて、
非常に良かったと思う半面、老舗の跡を取る
後継者の人達は、どれくらい窮屈で、
プレッシャーを感じているのだろうかとも感じました。

八代目は、2012年1月、店を閉めた後、
残務を整理し、精算に入るよう。
まだ年齢も若いので、今後、もう一花も二花も
咲かせてほしいものです。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0