So-net無料ブログ作成
2018年03月| 2018年04月 |- ブログトップ
前の10件 | -

乗ったひたち1号が1時間45分の遅れ。仕事に遅刻して思い出した祖母の戒め。

2018年4月23日、福島県いわき市に出張。

上野駅午前7時発のひたち1号で、
湯本駅まで向かいました。

順調に列車は進んでいたのですが、
水戸駅の手前でアナウンスがあり、
緊急停止しました。(午前8時ころ)

水戸駅と勝田駅の間の踏切で、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界最高齢と見られる田島ナビさん、亡くなる。思い出した「ナビィの恋」。

2018年4月21日、世界最高齢とみられる
鹿児島県喜界町の女性・田島ナビさんが
老衰のため亡くなられました。

117歳だったそうです。

誕生日は1900年8月4日。
明治33年ですね。

2015年9月に国内で最高齢に。
そして2017年9月にジャマイカの
117歳の女性が

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガッキーこと新垣結衣さんの秘密。最近知り合った沖縄出身の人に教えてもらう。

ガッキーの愛称で知られる
女優の新垣結衣(あらがき・ゆい)さん。

沖縄県出身で、ティーン雑誌のモデルから
女優に転身し、これまで映画、テレビドラマに
数多く出演しています。

個人的に彼女の存在を知ったのは2016年、
そのダンスが社会的な話題となった
「逃げるは恥だが役に立つ」。

可愛かったですね。

つい先日、毎年春先に訪れる


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GWにしまなみ海道を走ろうと計画していた友人。予定変更を余儀なくされる。

広島県の尾道と愛媛県の今治を結ぶ
しまなみ海道。

日本だけでなく世界中のサイクリストから
人気のサイクリングロードです。

海を上から眺められる素晴らしい眺望や、
魅力ある飲食店、設備、沿道の人たちの
温かいもてなしが、多くの自転車ファンを
引きつけているようです。

自転車好きの友人が、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母と叔母がへそくりで買っていた外貨建て債券償還のお知らせが。果たして儲かっていたのか。

今日、帰宅したら、
台所のテーブルの上に、
封を開けたある証券会社からの
封筒が置かれていました。

なんだろうと手に持ったら、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家族が体重・体脂肪率・筋肉量・水分量などの体組成を調べてきたら。

あなたは、ご自分の体重はもちろん、
体脂肪率・筋肉量・水分量・筋肉バランスなどの
体組成をご存じですか。

最近では、一般家庭でも手に入れられる
値段で、そうした体組成を測定できる

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仏壇、箪笥を処分した知り合い。直前にお宝見つける。

長年、持っているものの着ていない服や、
使わなくなった家具、電気製品などを
処分しているという方、多いと思います。

先日、母がごそごそしていると思ったら、
クロゼットロッカーに入っていた下着、
靴下類、普段着をごっそりと処分していました。

ロッカーの中に残った

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

知り合いが庭木の剪定を頼もうとして時代の流れを感じたお話。

わが家に数本、小さくて低い木が植わっています。
大昔は年に何度か植木職人さんが来ていました。

けれどもう20年近く前ぐらいに、
職人さんが年をとって引退してからは、
後の方を頼むことなく、母がずっと
素人剪定を行っています。

引退前にその職人さんに剪定の基礎を
教わったので、自分でやっているのです。

知り合いのお宅は、
わが家とは比べものにならないくらい、
広くて立派な庭があり、
木もたくさん植わっています。

かつてのわが家と同じく、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤ちゃん取り違え、順天堂医院の「順天」、学是の「仁」とは。今年創立180年。

赤ちゃん取り違えで今、話題になっている
順天堂大学医学部附属順天堂医院。

東京都文京区本郷(湯島)にあります。

この順天堂発祥の地が、
実は自宅のすぐ近くにあります。
現在そこには発祥の碑が立っています。

あるのは、中央区東日本橋の
薬研堀不動の敷地内。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弘兼憲史さんのコラムで思い出した下北沢にあった「ジャズ喫茶マサコ」。

日本経済新聞夕刊、2018年4月13日、
漫画家・弘兼憲史さんの《こころの玉手箱》

その人の品物に関わる思い出をつづる連載です。

5回目は、「ボサ・ノヴァUSA」。

アメリカのジャズピアニスト、
デイブ・ブルーベルベックのカルテットの作品です。

弘兼憲史さんが衝撃を受けたこの作品を知ったのは、

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2018年03月|2018年04月 |- ブログトップ