So-net無料ブログ作成

わが家の柏餅の教え。あなたは違いのわかる人間ですか? 小豆あんと味噌餡の見分け方。

2017年5月。

まもなく5月5日、端午の節句ですね。
もう柏餅は召しあがりましたか。

柏餅に関して、2年ほど前に、
祖母から教わった由来について
記しています。

新芽が出てから落ちる柏の葉。
代々続く子孫繁栄ということから、
江戸時代に端午の節句の行事食となったようです。

その時には記さなかったことがあります。

父母、祖母から言われた、
わが家独自の柏餅の教えです。

といっても大したものではありません。

あなたは、柏餅、大きく分けて
二つあることをご存じですか?

そう餅の中の餡(あん)です。

小豆あんと味噌餡の二種類。

自分の家で作る時はもっぱら
小豆あん(粒あん)でした。
(餡を近所の餡子屋さんから買う時は晒し餡)

しかし近所の餅屋さんに頼むときは、
上の二つを頼んでいました。

あるとき、おそらく自分は小学生にあがるか、
あがらないかの時だったと思います。

2種類の柏餅が一杯入った「もろぶた」を前に、
両親から尋ねられました。

「小豆あんと味噌餡があるけど、
どれがどれだかわかる?」

自分はその区別がわからなかったのですが、
適当に「こっちが小豆あんであっちが味噌餡」
とこたえました。

「おー」と感心したような声が両親から
あがりました。

当てずっぽうながら、その答えは
当たっていたのでした。

「なんでわかったの?」
と母が再び尋ねます。

「なんとなく……。勘で……」
ともごもご答えると、
「やっぱり」というような二人のがっかりした顔。

それから種明かしをするように、
父親が教えてくれたことが、
わが家の柏餅の教えです。

餅の中にどの餡が入っているか、
その見分け方がある。

柏の葉の裏表です。

小豆あんは、柏の葉を表に出して。
味噌あんは柏の葉を裏にして。

表と裏は、どう見分けるかというと、
葉脈が出ていない方が表、出ている方が裏です。

その違いを知識として知るのではなく、
自分で気づくことが大切。

何がいいたいかというと、
餡の中身に違いがある。
その区別をつけないと商売上、困る。

区別をつけるためには何か工夫がいる。
その工夫に思いが至るか。

商売にしろ、人間関係にしろ、
細かい違いに気づくことがとても大切。

人として秀でているかどうかは、
違いに気づくかどうか。

気づける人は「さとい」。
気づけない人は、「にぶい」と。

小さいころから、

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感