So-net無料ブログ作成

読書好きの友人が現在、使っているのはキンドル。本を読むのではなく、読み上げ機能を使って聞く。

あなたは読書がお好きですか。

自分もジャンルは偏り、
読む数は多くないのですが、
読書が好きです。

けれど、昔は楽に読めた新書、文庫本、
またベッド脇での読書がつらくなりました。

そう目の衰え、老眼のせいです。

そんな中、



同年代で自分よりはるかに
読書量が多い友人が、最近、
購入しているのが、電子書籍。

今は紙の本はほとんど買わないのだとか。

もっぱり電子書籍を購入し、
それをキンドルやiPadなどの
電子端末で読んでいるとのこと。

「読んでいる」と書きましたが、
正確には「聞いている」というみたいです。

電子書籍のよい部分は、ネット接続できれば、
あっという間に購入でき、書店に出向く必要がないこと。
ネット書店で配達する時間もなく、
即時に入手し、読めます。
(紙の本より値段も安い。保管する場所も不要。
処分する手間もかかりません)

また字の大きさも変えられ、
ディスプレイの性能も向上しているので、
紙の本に比べ、目の疲れはほとんど変わらない
レベルにきているとか。

そしてなにより、彼は本を読まず、
読み上げ機能を使い、本を聞いているとのこと。

これにより、読み負担が大きく減り、
目の疲れもなくなったと言います。

Kindle読み上げ機能
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201286790#GUID-F6CD3CEB-6E55-41EC-9B65-219A9C775B51__SECTION_9B1D523DA1EF4F2799B178F40FB79D00

人工的に読み上げているので、
厳しく聞けば機械らしさは残っているそうですが、
性能が向上していて、個人的には気にならないレベルとか。

その友人は、こうした新機能をうまく活用していて、
最近では、音声認識機能を利用し、メール、書類作成は
ほとんどしゃべって「書いている」とか。

こうしたデジタル機器、便利機能は、
若い人より、上の世代にメリットが
大きいのかもしれませんね。

〇Kindle専用端末だけでなく
 iPad、iPhone、Androidなどでも
 電子書籍は読め、また聞けるよう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。