So-net無料ブログ作成

知人の体調不良。原因は壁紙だった? 

花粉の時期に限らず、
ほぼ毎日、床をシートをつけたモップで
きれいにしています。

毎日、しかも時にはウェットシートを
使って拭いているのに、驚くほど
ほこりや髪の毛がついて驚かされます。

そんな時に、
「壁。そして天井にもついているので、
静電気でほこりをくっつけるモップで
なでると良い」と知人が教えてくれました。

それを始めたところ、床のほこりも減っていきました。

さらに知人は「もし毎朝、冬に窓が結露で
びしょびしょになっていない。それなら壁の



クロスの下が危ない」と。

わが家のクロスも古く、一部、端がはがれたり
しているのですが、幸いなことに目立つシミ、
カビはありませんでした。

知人宅は、すっかりリフォームしたのですが、
その前は冬の朝は毎朝びっしょりと窓が濡れて結露。

雑巾で窓、サッシにたまった水を取り除くのが、
毎朝の仕事だったそう。

そんな時、夫婦、2人で咳き込み始めたので、
アレルギーを疑い、アレルゲンを調べたところ、
ほこり、花粉のほかに、カビにも反応したことが
分かったそう。

寝室を調べたところ、サッシの溝に黒カビ、
さらにベッドが壁に接した部分にカビが
発生していたそう。

さらに壁のクロスの上だけでなく、そのカビは
クロスの下までびっしりと。

結局、下地のボード、断熱材まで全部はがして、
クロスを張り替えねばならなくなったとのこと。

リフォーム後は、カビに関するアレルギー症状は
収まったそうですが、換気、除湿をしっかりし、
1週間に一度はエチルアルコールでふいて消毒を
行なっているとのことです。

カビの害。
もしかしたら気づいていないだけで、
意外に多いのかもしれません。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。