So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョギング好きの知人が足底腱膜炎に。意外なところに原因が。

同年代の知人は、もう何年も前から、
毎日ジョギングをしています。

久しぶりに先日、話を聞いたら、
「足底腱膜炎」になって、
その治療にあたっていたとのこと。

足底腱膜炎とは、


足底のアーチを作るかかとと指の付け根を
つないでいる腱(筋膜)のこと。

この筋膜に炎症やトゲができ、
痛みが出て歩けなくなるという症状が出ます。
スポーツ障害の一つとされています。

知人は、てっきり走りすぎてそうなった
と思ったのですが、病院に行ったところ、
意外な原因を告げられました。

それは、ふくらはぎの(筋肉の)固さ。

鍛えているので、ふくらはぎが固く張って
いると思ったのですが、それは間違いで、
柔らかいのが良い状態。
固いのは凝りだったそう。

ふくらはぎが固いと、アキレス腱、足底などに
負担をかけ、筋膜を痛め、炎症が起こってしまうとのこと。

それ以外にも、足裏の筋肉の衰えなどもあるそうですが、
ともかくふくらはぎが固いと足裏にくると。

医師、整体院の先生に勧められたのはストレッチ
走る前そして後に、入念にストレッチをすることで、
筋肉・筋膜、腱などへのダメージをやわらげることが
出来るとのこと。

《ためしてガッテン
足裏チェック!疲れと痛みの真犯人はカカトだ
2015年9月30日(水)午後8時》
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20150930/index.html

運動、スポーツは体に良いのは確かですが、
一方で確かな知識をもってやらないと、
体を痛めることもある。

それを知人から教わりました。

〇朝起きて、一歩目、かかとが痛む人は要注意!


関連エントリー
《亀の知恵》
ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。