So-net無料ブログ作成

妻の隣には埋葬しないでとデンマークのヘンリック殿下。長年の不満が原因? 「あの世離婚」。実はわが家の祖母も……。

デンマークのヘンリック殿下。

フランスの元外交官で、
デンマークのマルグレーテ女王と
50年前に結婚しました。

現在、83歳。去年公務からは引退し、
現在は、フランスの自己所有のぶどう園で
過ごされているそう。

その殿下が、自分が亡くなったら、


埋葬されるであろう
首都コペンハーゲンの大聖堂の
妻の隣に埋葬しないでと訴えて、
内外に波紋を呼んでいるそうです。

原因は、自分には「王」の称号が与えられず、
また希望する公務も与えられなかった
という長年の不満と考えられているそう。

報道によれば、妻であるマルグレーテ女王は、
殿下の希望を受け入れるとのこと。

日本でも長年連れ添った妻が、
夫と一緒の墓に入ることを拒む、
「あの世離婚」が増えていますね。

同じ墓に入りたくないというのは、
妻が夫のわがまま、暴力などに
耐えに耐えてきたあげくの、
最後の最後に反乱なんて言われています。

あの世に行っても、一緒で
我慢したくないと。

実は身近なところにその例がありました。

わが家のお墓は、同じ墓地の中に、
3つの墓があります。

本家、わが家そして祖母の墓です。
祖父が亡くなった後、祖母が、
「じいさんと同じ墓(本家の墓)に
入りたくない。別の墓を建ててくれ」
と言い残し亡くなったからです。

祖母は、生前は一緒に二人で
暮らしていましたが、
母に言わせると決して仲が良くなく、
亡くなってからも一緒にいるのは耐えきれない
と訴えていたそう。

その原因は、祖母・母によれば、
若い時の祖父の裏切りとのこと。

ただ子孫からすると、墓は別だけれど、
同じ墓地内だから、ほとんど一緒ではないか
と思うのですが、祖母の意識では同じ敷地でも
墓が別ということが大切だったようです。

その墓地・お墓をどうしようかという話が、
本家との間で出ています。

本家の従兄弟二人がどちらも独身で、
跡継ぎがいないことに加え、引っ越しして、
墓地から遠くなったから。

なので出来れば本家の墓のみ移すか、
永代供養の共同墓にしたいということのようです。

お盆のお墓参りで帰省という季節ですが、
わが家と同じようにお墓をどうしようか
と悩んでいるお宅も多いはず。

これから数年で、お墓に対する意識が変わり、
それに伴い実態も大きく動きそうな予感がします。


関連エントリー
《亀の知恵》
妻の隣には埋葬しないでとデンマークのヘンリック殿下。長年の不満が原因。夫、妻の墓の反乱。「あの世離婚」。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。