So-net無料ブログ作成

ドラマじゃないけれど「人は見た目が100%」? 「お孫さんは……」とタクシーの運転手さんから言われ愕然とした知人はどうしたか?

2017年4月からフジテレビのドラマで
「人は見た目が100パーセント」が放送されているそうです。

残念ながら見ていないのですが、
ドラマの内容とは別に、
知人(男性)が、まさにこのタイトルのように、
見た目で判断された結果にショックを受け、
自分の見た目に気を遣い始めたという
話をこれから記します。

知人男性は、結婚して、
中学生の子どもが一人います。
その子の参観日、PTAに行った時に、
他の保護者より実年齢は上かもしれないが、
見た目は誰よりも自負していました。

ところが、東北のある都市に出張し、
取引先で仕事を終え、最寄りの駅まで、
タクシーに乗った時のことです。

「お仕事が終わってお帰りですか? ご苦労様でした。
次いらっしゃる時は、是非、お孫さんもご一緒にどうぞ」

こう、タクシーの運転手さんから話しかけられた
と言うのです。

夕方まだ日がある時で、運転手さんは、
客であるその知人の顔はしっかり見えていた時間。

客商売なら、配慮して、
見た目で判断した年齢より、
少し下の年齢を言ったり、
そうした前提で話をするはず。

それなのに、「お孫さんとご一緒に」とは。
自分が孫のいる年齢に見られたということかと、
大きなショックを受けたといいます。



帰宅後、この話を奥さんにしたところ、
「同級生の中でもお孫さんがいる人もいるし、
年相応に見られてもそう言われる年齢だしね。
ひいき目でなく率直に言って、あなたは同級生の
中でも老けているほうだと思う」
とこう言われたそう。

続けて、
「大体、1日に何回、鏡を見てる?
家では見ているのを見たことない。
会社や出先でも見たことないでしょ?」

「私もいけないけど、休みの日に
買い物や図書館なんかに行くとき、
もう何年前に買ったのという服着て行くでしょ」

自分は同年齢の中では若い
という自負・自信が一気に崩れたとか。

そこからともかく、鏡を見る、
手鏡を持ち歩く、
身だしなみに気を遣う。

そうしたところからはじめ、
見た目を若くすることに
気もそしてお金を使うことにしたそう。

見た目のみならず、加齢臭など香りにも
配慮するようになったとも。

そうした変化にすぐに気づいてくれたのは、
会社の部下の若い女性。

「なんだか若やぎましたね」と。

何かをした時、気づいてくれるのは、
こんなにも嬉しいものかと感じ入り、
これからはそうした変化に気づく男に
なりたいと真剣に思ったとのこと。

また服装、髪型など外見の変化が、
自分自身の気持ちを高めてくれると、
実感したそうです。

その話を聞き、
他人事とは思えないと思った自分です。

あなたはいかがですか?
見た目を若く保っていますか?

関連エントリー
《亀の知恵》
ドラマ「人は見た目が100パーセント」ではないけれど、タクシーの運転手から「お孫さんは?」と言われて愕然として見た目に気を使い出した知合い。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0