So-net無料ブログ作成
検索選択

長い間の変化は気づかない。他人に指摘されたゆがみ。背中の曲がり、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、
肩も凝るというので、眼科、整体などに
行ったのだそう。

自分も少し前にそうだったので、
とても興味を持って話を聞きました。

眼科では、目の検査はもちろん、
一日の過ごし方、目の使い方について
聞かれたそう。

眼科医から指摘されたのは、
目の酷使、使いすぎ。

長時間のテレビ、またスマホ使用は、
目を疲れさせるもと。
瞬きも少なく、ドライアイとのこと。

目医者さんに指摘されるまで、
自分では、そんなにもテレビ及び
ビデオさらにスマホを長時間見ているとは、
気づいていなかったそう。

続いて行った整体院。

そこでは、体のゆがみを指摘されたといいます。
特に背骨を中心に、体が全体的に左側にゆがみ、
曲がっているんだそう。

まっすぐ立った状態。
寝た状態など何枚かデジカメで
写真をとられ、それをパソコンのモニター
一緒にチェックすると、素人でもはっきり
わかるほど左に曲がっていたとのこと。

長年の体の使い方、癖で、
こうしたゆがみ、ひずみが生じているとのこと。

整体院の施術だけでは、
直らないので、家でできる
体操、ストレッチをおしえてもらったといいます。

さらに続きが。
ベッドマットが古くなったので、
新しいものを購入。それを運び入れるのに、
配達の人がやってきました。

運び入れるのに、邪魔なので、
ベッドルームの入り口近くにある、
ソファをその人たちが移動したとのこと。

その時に、ソファの左側の方だけ、
凹んでいると言われたとのこと。

そうそこはその知人がいつも座る場所。
そこにいつも座るので、長年の間に、
そこだけが沈んでしまったようです。

長年使っていたマットレスも、
ベッドパッドをとってみると、
いつも寝ているところがやはり
へこんでいたとのこと。

こうした一連の体験を通して、
知人が感じたのは、慣れというか惰性。

短い間の変化は人は気づきやすいが、
長い時間の間の少しずつの変化は、
気づきにくいということ。

そうしたことは他にもないか、
当たり前と思っていることでも
時には見直した方がいいのではないか
と強く感じたそうです。

年を取ればとるほど、
長年慣れ親しんだことを
当たり前として、使い続け、
やり続けます。

しかし長年やっていることが
正しいとは限らず、また
正しかったとしても、時の経過とともに
悪くなることもありえます。

定期的な見直しの大切さを
教えてもらいました。

関連エントリー
《亀の知恵》
知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0