So-net無料ブログ作成
検索選択

「花の司(つかさ)の 牡丹(ぼたん)でさえも 冬は菰(こも)着て 春を待つ」。この言葉の意味は? 

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、
毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。

毎日新聞、2016年11月9日、東京夕刊
《私だけの東京・2020に語り継ぐ
俳優・梅沢富美男さん 大衆の感覚、学んだ浅草
http://mainichi.jp/articles/20161109/dde/012/040/005000c

その中で、梅沢さんがあげた次の言葉を
懐かしく思いました。

《芝居のせりふにも教えがあります。「花の司(つかさ)の
牡丹(ぼたん)でさえも 冬は菰(こも)着て 春を待つ」。
易しく言うなら、あんなに素晴らしい花を咲かせるボタンの木も
冬には枯れ、みすぼらしいむしろをまとって春の訪れをじっと待っている。
辛抱して精進すれば、いつか良い日が来るという意味です。》

懐かしく思ったのは、
これと似たような言葉を
祖母などから聞いた覚えがあるからです。

「富貴でも季節の菰を着るボタン」。

牡丹の別名は富貴草。
上は、富貴=お金持ち=牡丹でも、
冬の時期は、じっと寒さに耐え、
貧乏な人(乞食・ものごい)のように、
菰をつけてジッと耐えている。

そこから、あの晴れやかな牡丹でもそうして
耐えているのだから、じっと困苦に耐えなさい。
そして時期の来るのを待ちなさい。

耐えて待てば、花を咲かせる=成功するという意味です。

また小学校の頃、図書室で読んだ本の中で、
タイトルは忘れたのですが、少女が牡丹の花を育てる
という内容のものがありました。

その本でも、冬の間、みすぼらしい姿で
寒さに耐える姿、育てる苦労、そして
素晴しい花を咲かせる場面までが
書かれていた記憶があります。

それを読んで、育てたいと思ったのですが、
葉ボタンは栽培したものの、花の方は、
いまだ実現していません。

大きくなって「津軽じょんがら節」と出合いました。
その歌詞の中にも、牡丹のコトワザがありました。

《アイヤ咲いて一なる 牡丹でさえも
冬は菰着て ソレモヨイヤ 寒しのぐ》

その時、今日と同じく、
昔のことを思い出したことでした。

やはりそのころ、出合ったのが、
上野公園の中にある素晴しい牡丹苑。
「上野東照宮ぼたん苑」です。
http://www.uenotoshogu.com/botan/

桜が終わった4月末ころだったでしょうか。

咲き誇った花を見ていると、
華やかさに目を奪われました。

その時、ふと昔の言葉、本のことを思い出したのです。

「冬の苦しさを忘れてはいけない」

こちらには冬に咲く「冬ぼたん」もあります。
春の前に、年が明けたら
久しぶりに冬ぼたんを見に行きたいですね。

関連エントリー
《亀の知恵》
「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。





nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 7

nikitoki

2017年1月22日に放送された日本テレビ系「チカラウタ」に梅沢富美男さんがゲスト出演。後輩の女優である桜井日奈子さんに、上の牡丹の言葉を贈って、解説していました。そのせいか、この記事にアクセスが集中しています。
by nikitoki (2017-01-22 21:26) 

nikitoki

このエントリーにアクセスが集中しているのですが、「梅沢富美男×毒蝮三太夫×古舘が斬る!60代以上怒りの声連発SP」《2017年5月7日(日) 19:00~20:54 フジテレビ》の中で、梅沢富美男さんが、この牡丹の表現をされたのでしょうか? 上野東照宮ぼたん苑、5月10日まで春のぼたん祭です。
http://www.uenotoshogu.com/botan/
by nikitoki (2017-05-07 20:36) 

nikitoki

上記、番組内の《人生の達人たちに聞く 「このことわざは信じるな!》とのコーナーで、「花の司の牡丹でさえも冬は菰着て春を待つ」が出たようです。
http://datazoo.jp/tv/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%81%E3%81%95%E3%82%93/1059765
by nikitoki (2017-05-07 20:41) 

nikitoki

戦後の直後、呼出し名人、甚句の達人と言われた多賀之丞(高砂部屋)が作った有名な相撲甚句「新生日本」。巣鴨プリズンを慰問した折に、多賀之丞が自ら唄い、A級B級戦犯の人々の前で披露したところ、みなが涙を流して喜んだといわれる名作です。その中にこの「花の司の牡丹~」のフレーズが入っています。なお最後は「春を待つ」ではなく、「寒しのぐ」となっています。http://www2s.biglobe.ne.jp/~wakamatu/tisiki/zinku7.html
by nikitoki (2017-05-11 18:07) 

nikitoki

「菰かぶり 乞食じゃないぞ 寒牡丹」。大徳寺・立花大亀(だいき)老師。平成17年(2005)年、105才で没。利休の佗茶を生涯追い求めた茶人でもあった。

by nikitoki (2017-05-11 18:19) 

くみ

この言葉心に響きます。
私も古舘の番組で梅沢富美男がおっしゃていたので知りました。
力を貰えます。
by くみ (2017-05-13 11:46) 

くみ

すみませんm(__)m
古舘さんの「さん」が抜けていました。

by くみ (2017-05-13 11:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: