So-net無料ブログ作成
検索選択

1日3時間以上テレビを見ていた若者は中年になって記憶力低下との論文。認知症にならないテレビの見方。

一日にテレビを何時間、ご覧になっていますか?

高齢で一人暮らしの場合、かなり多いのではないでしょうか。

若い頃、1日3時間以上テレビをみていた人は、
そうでない人に比べ、40、50代になると、
記憶力が低下する確率が最大でおよそ2倍も高かった
との論文がアメリカの医学誌に掲載されました。

サンフランシスコにある退役軍人医療センターのティナ・ホアン氏と、

カリフォルニア大学サンフランシスコ校のクリスティン・ヤッフェ氏が、
25年間、およそ3000人を追跡調査しまとめたものです。

アメリカの医師会(AMA)の精神医学専門誌
「(JAMA Psychiatry」に発表されました。
http://archpsyc.jamanetwork.com/journal.aspx
《Effect of Early Adult Patterns of Physical Activity and
Television Viewing on Midlife Cognitive Function》
http://archpsyc.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2471270

○調査対象
シカゴ、ミネアポリス、オークランドなど全米各地の
18~30歳の男女計3257人
(実験開始時の参加者の平均年齢は25.1歳)
○調査期間
1985年3月~2011年8月31日(およそ25年間~
○25年目のテスト
DSST試験:1分間に同じ形の図形をいくつ見つけられるか
ストループテスト:文字の意味と色との違いを判別させる
RAVLT:言語の記憶などに関する検査

○結果
1日にテレビを3時間以上視聴していた353人は、
それ以外の被験者よりも記憶力が大きく劣っていた。
3時間以上視聴、さらにほとんど運動もしないという107人は、
3種類すべてのテストで、それ以外の人に比べて記憶力が半分程度。

→結論
20代半ばに運動せず、長時間(1日3時間以上)、
テレビを視聴すると、中年になってから、
記憶力の悪化を招く
テレビを長時間視聴する人は、視聴中、
座ったままなので、運動不足で、高血圧になりがち。
さらにジャンクフード、ジュースなどをとり、
高血糖となる傾向がある。
テレビを長時間見ることは、記憶力の低下に加え、
鬱病、貧しい食生活に関係している。

問題点の指摘
 テレビに視聴時間は、被験者の自己申告であり、
さらに参加者のうちおよそ3割が、
実験を途中で離脱しているのでどこまで正確か
と批判も。

○インターネット、スマートフォンの長期間の使用は?
テレビだけでなく、パソコン、スマートフォンなどを
1日長時間使う生活が、脳、体に悪影響を与えるとして、
専門家が警告を発しているのは世界的な傾向。

最近、知合いの人から言われたのは、
テレビ、パソコンにしろとにかく
「イス、ソファーに20分以上、座り続けるな」
ということ。

ずっとテレビやパソコン画面を見続けていて、
体を動かさないことは、目や脳を疲労させ、
運動不足を招くと。

なので、20分ごとにテレビ、パソコンの使用は
中断して、立ち上がり、体を動かしなさいと。

仕事でパソコンを使うことが多いのですが、
以来、15分にタイマーをセットし、
時間がきたら、ともかく立ち上がり、トイレに行ったり、
お茶を飲んだり、また軽い運動をしたりしています。

母も同じような指摘を
かかりつけのお医者さんなどから
言われたよう。

このためテレビを見るときは、コマーシャルごとに、
テレビの前から離れ、足踏みしたり、部屋の中を
歩いたりしています。
(午前10時と午後3時からはテレビ体操をしている)

他に勧められ、実践しているテレビの見方

○テレビの役立ち情報をメモする
○テレビで仕入れた知識を家族、友人に話す
(番組を見たあと、そのテレビの内容を思い出す)
○ドラマなどを見ているとき、
俳優、出演者などの芸名を言ってみる。
ニュース番組ではアナウンサーの読み上げた
ニュースを後追いし、言ってみる。

関連エントリー
《亀の知恵》
若い頃、1日テレビ3時間以上見ていた人は、40~50代になって記憶力が低下。アメリカの医学誌に論文。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: