So-net無料ブログ作成

スープ、粉末健康法。

少し前、このブログで、身体を温める「温活」をしており、
白湯やスープを活用しているとのエントリーを書きました。

もうずいぶん前に、香港に行った時、
現地の友だち、知合いなどから、
聞いた話があります。

それは、最高の中華料理についてです。
贅を極めた皇帝、大金持ちが、
最後に行き着く料理は何かというもの。

あなたは何だと思いますか?

それは、
スープでした。

あらゆる稀少、高価な食材を入れて、
煮出し、エキスをとったスープが、
究極の料理なんだとか。

とくに体力が弱り、消化力が落ちて、
食べる量が限られる高齢のお金持ちにとっては、
そうした食材のいい所(エキス)だけとった
スープ(湯)は、最適なものになると。

ちなみに飲むのは、スープだけで、
スープを出した食材は出し殻なので、
食べないのだとか。

皇帝、大金持ちでなくても、
食材の良さを引き出したスープを、
身体を維持する上で真似できそうですね。

そのスープとともに高齢者に適した
食のとり方として、勧められた方法があります。

それは、粉末健康法と呼ぶべき方法です。

こちらは、食物をすべて微細な粉末にして、
身体に取り入れるというもの。

高齢になると、歯が弱り、消化する力が弱ります。
けれど粉末にすると、咀嚼する必要がなくなり、
消化もしやすいですね。

また食材は本来、それ全体を食べることが
栄養学的によいとされています。

けれど、野菜など通常の形のままだと、
皮、根などそのまま食べることは困難です。

ところが全体を乾燥させ、微粉末にすると、
そうした食べられない部分も取り入れることができ、
食物全体を身体に取り込めるのですね。

台湾の知合いの方は、固い漢方薬でも微粉末にできる
というミキサーを買って、玄米、豆、煮干し、昆布、緑茶などを。
すべて粉末にして、召しあがっているとのこと。

若い時は、余り関心がなかったのですが、
年齢を重ね、このスープと粉末健康法のことを思い出しました。

家には、昔買った粉末にする機械があります。
夏場、冷凍果実をスムージーにするために
使っていますが、今後は粉末健康法を実践するために、
活用してみようかな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2