So-net無料ブログ作成

「可惜身命(あたらしんみょう)」。新成人にまつわる言葉。「不惜身命(ふしゃくしんみょう)」。

2015年1月12日、成人の日ですね。

今朝の毎日新聞の「週刊漢字」に、
新成人にまつわる言葉が3つ紹介されていました。

小冠者=こかんじゃ、
 「元服して間もない若者」
逓減=ていげん、
 「次第に減ること」
そして、
「可惜身命」=(あたらしんみょう)です。

可惜身命は、「体や命を大切にすること」。

可惜=あたらは、記事にも書かれていますが、
「あたら若い命を」といった使い方をされます。

あたらは、「惜しくも」といった意味です。

可惜身命の反対の言葉は、
「不惜身命(ふしゃくしんみょう)」。

この言葉、聞いた事がありませんか?

もうずいぶん前になりますが、
現在、親方として活躍している貴乃花親方が、
1994年横綱に昇進した時、
昇進伝達式の使者に挨拶した時に使われました。

「相撲道に『不惜身命(ふしゃくしんみょう)』を貫く所存です」。
ちなみに前の年、大関に昇進した時の挨拶は、
「今後も『不撓不屈(ふとうふくつ)』の精神で、力士として
相撲道に『不惜身命(ふしゃくしんみょう)』を貫く所存でございます。」
でした。

「不惜身命」は、もともと仏教用語、
法華経譬喩品 (ひゆぼん)の中に出てくる語です。

仏道を修めるためには、みずからの身体、
命もかえりみないことを意味します。

ちなみに「不撓不屈」は先代の親方から、
「不惜身命」は俳優の緒形拳さんから、
いただいた言葉だとか。

《週プレニュース》
《貴乃花親方が明かす、昇進の口上「不撓不屈」「不惜身命」の由来
[2011年12月15日]》
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/12/15/8594/

三井寺、《仏教豆百科》《不惜身命》
http://www.shiga-miidera.or.jp/doctrine/be/122.htm

この言葉は、緒形拳さんが
大切にされていた人生訓だったようです。

緒形拳さんは、独特の味のある字を書く、
書家としても知られていました。

緒形拳さんの身内だけのお葬式の
祭壇には、直筆の「不惜身命」が飾られていたそうです。

自分の身体、命を大切に生きるが、
信じる道を究めるためには、身体、命を惜しまない。

そんな人生を送りたいものです。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

nikitoki

稀勢の里は伝達式で、「謹んでお受け致します。横綱の名に恥じぬよう精進致します。本日はありがとうございました」と述べ、四字熟語は使わなかったようです。
by nikitoki (2017-01-25 11:28) 

nikitoki

2018年5月30日、大関に昇進した栃ノ心は、使者に対し、「親方の教えを守り、力士の見本になるよう、稽古に精進します」と口上を述べっました。親方と一緒に考え、ローマ字にして覚えたそうです。
by nikitoki (2018-05-30 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0