So-net無料ブログ作成

銭湯で初対面の人同士が会話で盛り上がる。

最近、よく通っている墨田区の銭湯。

2015年1月10日、午後3時半過ぎに出かけたら、
予想よりたくさんのお客さんがいて、びっくりしました。

夜は、地元のお客さんが多いようですが、
土曜日、それも開いてすぐの時間は、
ちょっと離れたところから来ている人の割合が、
多そうです。

めをつぶって湯船につかっていると、
ちょっと離れたところで、会話が始まりました。

初対面のよう。
一人は、築地の市場で働いている人のよう。
もう一人は、おそらくサラリーマンのようですが、
実家が墨田区で切子を作っているとか。

日本酒、食器、お箸、居酒屋など、
主に食関係の話題がとめどなく広がっていきます。

昔は、銭湯で、地元のよく見知った人同士の会話はもとより、
初対面の人が、地位、肩書きなど関係なく、仕事やお金に
関係ない話をしたり、情報を教え合ったりしてました。

こうした会話って、利害関係がないだけに、
ストレスを忘れさせてくれ、
本当にリラックスできますよね。

そうした会話は、お隣で聞いている
だけの人の心もほぐしてくれます。

自分は会話に加わらず、流れる話を
耳に入れるだけでしたが、身体だけでなく、
心もほんわりと温めてもらいました。

〇江戸木箸 東向島 大黒屋
http://www.edokibashi.com/index.html
〇両国(石原) 豆腐のお店 豆源郷
http://www.geocities.jp/tougenkyoyt/ 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0