So-net無料ブログ作成

一日遅れの日記の勧め。「昨晩の夕食を思い出せなくなる」が軽度認知障害のサイン。

あなたは、昨日の晩、何を食べたか思い出せますか?

突然にこんな問いをしたのは、
「昨晩の夕食を思い出せなくなる」のが、
軽度認知障害の典型的なサインの一つだから。
2013.08.08 07:00

軽度認知障害(MCI)とは、認知症と診断されるまでではないものの、
軽い認知機能の低下が見られる状態のこと。

この段階で適切な処置をとれば、認知症に進行せず、
また発症を遅らせることができ、
なかには認知機能が回復する場合もあるのだそう。

そのためには、この軽度認知障害MCIかどうかを、
早期に発見することが重要。

どんな症状が見られるのでしょうか?

一番、わかりやすいのは、同じ話を何度も繰り返しがちになること。
そして、昨晩の夕食を思い出せなくなることの2点とか。

そこから、日常生活の機能が衰え、
料理を作らなくなったり、同じ物を買ってきたり
といった現象が起こるとのこと。

以前、作家の佐藤優氏が、あるところで、
記憶力を鍛えるため、前の日の食事、起こったことを、
次の日、一日遅れで思い出しながら書くことを勧めていました。

こうした思い出すこと、
そしてそれを記憶することは、
効果がありそうですね。

関連エントリー
軽度認知障害400万人。予防法は?
昔の写真を片手に、昔話。「おしゃべり回想法」で認知症予防。
パソコンを使うと認知症予防に効果的。パソコンを使った認知症予防プログラムを各地で実施。
玄米にカレーをかけて認知症予防。ついでに麻雀も。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6