So-net無料ブログ作成

中央高速笹子トンネル、天井崩落。毎週のように現場を通る親戚に電話。

2012年12月2日、山梨県大月市、中央自動車道の
笹子トンネル内の、天井が崩落し、犠牲者が出たようです。

まだ現在のところ、犠牲者の方が何名なのかさえも、
明らかになっておらず、原因も不明です。

一人でも犠牲者が少ないことを願います。

中央高速の笹子トンネルは、これまで何度も通ったことがあります。
自分が通行しているときに……ということも考えられ、
とても他人事とは思えません。

自分以上に甥のことを心配していたのが、母です。

母は昨日、岐阜県下呂の親戚の家から帰ってきました。

母の甥が、母の姉を見るため、東京から、下呂まで車で、
定期的に通っているのですけれど、使うのは、まさに中央高速。
この笹子トンネルももちろん通ります。

今回は、帰京を延ばしたので、事故には遭わなかったのですけれど、
そのままのスケジュールだったら……。

本当に、いつどこで何があるかはわかりませんね。

母はすぐに甥に電話して、
「気をつけて。けれどどこまで気をつけても仕方がないこともあるけれど」
と話していました。

自分には何の落ち度もないのに、
事件、事故、災害にあうこともある。

それが人生と言ってしまえば、そうですが、
なんだか割り切れないものを感じますね。

神ではない我々は、
今、この時を大切に生きることしかないのでしょうか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0