So-net無料ブログ作成

93歳。現役の家事評論家・吉沢久子さんの知恵「前向き。」

先日、97歳で現役の女性報道写真家第1号の
をご紹介しました。

今日は、日本の家事評論家第1号、
吉沢久子さんの新刊「前向き。」について。

前向き。 93歳、現役、明晰に暮らす 吉沢久子生活術》(Amazon)

【送料無料選択可!】前向き。 93歳、現役。明晰に暮らす吉沢久子の生活術 (単行本・ムック) / 吉沢久子/著ジャ》(楽天)



これまで、数々の著作を発表している吉沢さん。
今度の新刊は、前向きに生きる、前向きスイッチがONになる、
具体的な知恵を78あげたもの。

吉沢さんとは40年以上のつきあいになるという、
生活研究家の阿部絢子さんが聞き手となって、
話をひきだしています。

そのためか、わかりやすく、アドバイスが非常に具体的です。

「認知症にならないためには料理。自分を甘やかさず、気を抜かず」
「怖い思いも不安も切り抜ける“仕方がない”の効用」
「大震災を経験した今こそ、欲望の整理ができるとき」
「ものを大切にして生きるのはエコではなくマナー」
「おいしいものは何でも食べたい。食べることは生きることだから」
「夕食は昔から6時30分が決まり。眠れない夜は朝ごはんの下準備をする」などなど。

そうした知恵の中で、特になるほど思われた項目をあげておきます。

「一歩外に出ればバリアだらけ。だから家はバリアフリーでなくていい。」

不便、やっかいなことがなく、快適、手間いらずだと、
かえって人は衰えてしまうと主張している方がいますが、
そうかもしれません。

「全国紙三紙と地方紙はじっくりと。比べて読めば発見がある。」

仕事で、自分も数多くの新聞を読む毎日を送っていますが、
受け身ではなく、ある一つの項目について、どの新聞が、どう書き、
どこが違うかと比較しながら読む癖をつけると、主体的になり、
問題をよく整理できる気がします。
自分ならこの問題について、人に説明するときに、こう書く、
こうするとわかりやすいと発信のことまで考えると、なおいいですね。

「写真や手紙をあとに残さない、自分で処分する勇気を。」

今年、吉沢さんは、エッセイストの岸本葉子さんと対談し、本を出されています。
50歳を越えた、岸本葉子さんは、日本経済新聞夕刊に連載をされています。
吉沢さんに影響されたのか、服、本など大量に処分、整理している
と最近の連載で書かれています。

様々なモノの中でもどこにも売っていないし、非常に個人的な存在である
写真、手紙は、本人以外はなかなか処分しがたいもの。

処分し無くなった時のことを思うと、寂しさを感じるかもしれませんが、
思い出は、頭と胸にしっかりしまって、写真、手紙に思い切って、
別れを告げると、意外な解放感に浸れるかもしれません。

マガジンハウスでの本書「前向き。」の紹介。
http://magazineworld.jp/books/2296/read/#&panel1-5

1961年生まれのエッセイスト岸本葉子さんとの対談集。

ひとりの老後は大丈夫?》(Amazon)

関連エントリー
97歳の現役写真家。元祖・カメラガール? 毎晩1杯のワインが健康の秘訣。笹本恒子さん。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

nikitoki

2014/8/9付日本経済新聞夕刊に《私が生きた戦争 吉沢久子さんに聞く 人間らしさ失われていく 歴史をよく知って》と題して、96歳で1人で元気に暮らしていらっしゃる吉沢さんの戦時中の話を中心に紹介されています。
by nikitoki (2014-08-10 19:03) 

nikitoki

2017年7月12日の「NHK深夜便」内の【明日へのことば】で、99歳の吉沢久子さんの言葉が紹介されたせいか、このエントリーにアクセスが集まっています。《今が一番幸せ 家事評論家・エッセイスト 吉沢久子》
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/2pro.html

by nikitoki (2017-07-13 10:07) 

nikitoki

上記のNHK深夜便内の吉沢久子さんのご出演日時ですが、正確には
2017年7月13日です。
https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=201-20170712-05-73984

by nikitoki (2017-07-22 09:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2