So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

芦田愛菜さんの座右の銘は「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」。思い出したのは詩吟と「人間到る処青山あり」。

先日、TBSで放送された
「1番だけが知っている」というテレビ番組。
http://www.tbs.co.jp/program/1bandakega_20170522.html

《世の中のどんな業界にも存在する、“その道のNO.1”。
そんな「1番だけが知っている」という、
とっておきの物語、驚愕の人物を紹介!!》
という内容でした。

弁護士・北村晴男さん、スクープカメラマン・宮嶋茂樹さん、
バイオリニスト・葉加瀬太郎さんなどが、
その業界の伝説、とっておきのエピソードを紹介していました。

そんな中、興味を個人的に
一番興味を引かれたのは、
《【芸能界NO.1の読書家・芦田愛菜が一番魂震えた本とは】》。

今年有名名門中学に
合格したことがニュースになった
女優の芦田愛菜さん。

小さい時から、本が大好きで、これまでに
1000冊以上も本を読んできたのだとか。

そんな芦田愛菜さんが、
一番魂が震えたとしてあげた本は、
9歳の時に出会った一冊。

ノーベル医学生理学賞を受賞した
山中伸弥さんのインタビュー本。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お父さん、あなたは家の食卓のどこに座ってますか? オフィス、家でもフリーアドレス?

友達が勤めている会社が
もうずいぶん前から、
フリーアドレス(フリーデスク)になっています。

社員が固定した机をもたない方式。
資料、ファイルなどは、
部課で共有のロッカーに収納。
個人の書類ロッカーはなし。

当初は、部課長の定席となっていたのですが、
その後、すべてフリーアドレスになったそう。

このため、毎日のように、
また時には午前と午後で座る場所が違う
なんてことになっているよう。

友達は、今は違和感はずいぶん減ったものの、
それでも落ち着かないと話しています。

わかる気がします。

2017年5月24日、毎日新聞夕刊、
日本能率協会総合研究所客員研究員の
岩村暢子さんの連載
《家族に見るみんなの知らない日本人》。

《“座„が消えて薄まる存在感》との見出しがついています。

家族、特にお父さんが
家の中で座る場所、食事をする場所についての記事です。

冒頭に出てくる例は、3人の子どもがいる
5人家族なのに、椅子が4脚しかない家庭。

その理由は、ふだん全員揃って食事をすることがないから。

食事中にお父さんが帰ってきた場合は?

立って食べるか、小さい椅子を出して、
そこに座って食べるかなんだとか。

さらにテレビを見えない席にいつも
お父さんが座ることになっている家庭も
少なくないとか。

記事では、昔は家の中に上座・下座があり、
お父さんがいないからといって上座に座ると、

続きを読む


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

周囲に眼瞼下垂の人、多数。額の凝りとしわは危ない。

先日、テレビニュース番組を見ていたら、
昔から見知っている方が出演していました。

頭の中のイメージより、
かなり年を取っています。
そして気づいたのは、
その方の両目のサイズが
大きく違っていること。

自分の記憶違いかと思って、昔の写真を調べたら、
昔の両目のサイズは左右同一でした。

この話を同年代の知人に話したら、
その人は即座に二つの可能性をあげました。

一つは、眼瞼下垂。
そう老化でまぶたが下に下がって、
目を覆ってしまうという病気です。

もう一つの可能性は、脳梗塞などの
脳(血管)の病気(かその後遺症)。

二つ目はともかく、一つ目は、
最近、自分の周りでよく聞きます。
そういう年代になったのかもしれません。

何年か前、姉は自分では
気づかなかったのですが、
同居している家族に指摘され、
眼科医に行ったところ、
初期であると診断されたよう。

しばらく経過をみていたのですが、
シミ取りと同時に、マドンナリフト

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喉の筋肉を鍛えて、誤嚥、せきこみを防ぐ。

80過ぎの母。
大台を超えたところから、
よく食べ物がむせるようになった
と言っています。

それより以前は、唾液が出にくくなり、
食べ物がのむこみにくくなりました。
なので、ものを飲みこむために、
汁物やお茶をご飯、おかずなどとともに
とるようにしているのですが、その汁物、
お茶にむせるのです。

唾液が出にくくなったときは、
歯科医の先生から、唾液を分泌するための
マッサージを教わり、耳の下のあたりを
もんだり、押したりして、少し改善したよう。

むせ始めてからは、同じく歯科医、そして
かかりつけのお医者さんに相談。

そうしたら、それはやはり老化で、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

60過ぎの知人の記憶力強化法とは? 

あなたは、記憶力が良い方ですか?

自分は平均的だと思っていたのですが、
先日、ある番組を見ていてショックを受けました。

その番組内で、20人の総理大臣の写真を見せて、

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みうらじゅんさんがもう何年もしている修行とは? 年を取っても”冒険”は必要。

働き始めて間もない頃、
同じ職場の先輩から言われた言葉を
今でも覚えています。

「大きな本屋に行って、絶対自分が読まない、
行かないジャンルの売り場に行け。そして、
目をつむって一冊選び、それを買え」。

本だけではなく、レコード(まもなくCD)や、
映画雑誌、店(飲み屋)などについても
同様なアドバイスをしてくれました。

今から考えると、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビワに悪い思いを持っている理由は? 大人になってから知ったその効能。ビワの葉のお灸、入浴剤。

先日、訪れたスーパーの果物売り場に、
早くもビワの実が並んでいました。

ビワ、お好きですか?

小さい頃、ビワはもらっても
余り嬉しくない果物でした。
というのは、あの大きさの割に

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年を取っても味覚は取り戻せる。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える
とよく言われます。

香り、味がわからなくなり、
料理の味付けが濃くなったり、
出てくる料理に醤油をかけたり、
塩を振ったりなど。

ご両親や高齢の方で思い当たる方、
いらっしゃいませんか?

学問的には、年を重ねると、

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「お父さん、臭くなくなった」と娘に言わせた友達の秘密兵器とは?

結婚されて子どもがいらっしゃるお父さん。
奥さんや娘さん、息子さんから、
「お父さん、臭い」って言われたこと、
ありませんか?

少し前にこのブログで、営業マンへの
新人研修で、「臭い」対策を入念に
との内容があったと書いたのですが、
臭い対策は現在、とても大切なよう。

同年代の友達も、家族、
特に女性陣から「おじさん臭い」
と言われていたらしいのですが、
臭い対策を徹底。

奥さん、娘さんから、
「臭くなくなった」と言われたのだとか。

その秘密は、お風呂の入り方にあったようです。

1,泡立てネット、泡立てポンプを使う
これまでは、ナイロン製のネットを使い、
それにポンプからボディソープをつけ、
ごしごしと背中に赤い跡がつくくらい、
こすって垢、臭いを落としたつもりになっていたよう。
しかし、それでは肌が傷つき、汗腺などから出る
臭いもかえって多くなると知り、それを改めたとのこと。

ナイロンのボディタオルをやめ、
柔らかめの天然素材のタオルを使う。
そこに泡立てネット、もしくは泡立てポンプで
泡立てたボディソープをのせる。
それをからだにつけ、やさしくなでるように
洗う。ボディタオルは使わなくて、手のひら
ふわふわと泡立てたボディソープでもよいそう。

2,ボディソープは、柿渋入りのもの
それまで使っていたスクラブ入り、
ミント入りのものを改め、
臭い低減作用がある柿渋入りのものに変えた。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友達のお母さんと、姉そして内海桂子師匠の戸籍の秘密。

そんなに前のことではないと思うのですが、
ある有名人女性の戸籍が、実際に生まれた年より
後の年月日になっていたというニュースが
ありました。

そんな事がほんとにあるのかと怪しんだのでしたが……。

つい先日、わが家に友達がやってきて、
うちの母親も交えて話したときのこと。
友達がこんなことを話し始めました。

「うちのお母さん。実際に生まれた年より2年、
戸籍の生まれ年が後になっている」。

戦中の混乱期の話ではなく、

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -