So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

健康麻将ってご存じ? 知合いが両国の麻雀倶楽部で久しぶりの麻雀を楽しむ。

あなたは麻雀をやりますか?

今、若い人の間では実際に
4人集まっての麻雀は余り人気がないよう。
麻雀のルールも知らないという人が
増えているみたいですね。

毎年、春先に定期的に訪れている取引先。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨、夏に大活躍のお酢。知人から教わったお酢の活用法。

あなたのお宅は、お酢を活用していますか?

わが家は酸っぱいものが苦手で、
余りお酢を使っていなかったのですが、
知合いからお酢を使ったレシピや、
様々な使い方を教えられ、今では
結構、利用量が増えました。

今、コマーシャルで盛んに放映していますが、
《鷄のさっぱり煮》
http://www.mizkan.co.jp/ajipon/cm/chicken/
上は味ぽんと水が1:1のレシピ。
自分が教わったのは、
《鶏のさっぱり煮》
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/menu/cook/recipe/index.asp?id=7243
とても簡単にでき、お酢の酸味で肉が柔らかくなり、
酸味が食欲を増します。

梅雨の時期のお弁当.
食中毒が気になりますが、

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

知人が実行、名前を覚えるアプリ。モノにも応用。果たしてその成果は?

年を重ねると、テレビ
自分が知っている有名人が
出てきても名前が出てこない
ということがしばしば起こります。

自分は先日、津川雅彦さんが
出てきませんでした。
(津川さんが出てこないことは多い。
出てこないことが多い人の1人)

この対策というか頭脳活性化をおこなっている
知人の話は以前に記しました。

受験生ではありませんが、
表に写真、裏に答え(名前)を記した
フラッシュカード(自作カルタ)を作り、
それを毎日繰り返すというもの。

60代の別の知合いが、これを人物だけでなく、
言葉やモノに広げ、デジタル化していました。

英語のソフトですが、日本語でも使えます。
Androidには対応していません。
Name Shark(iOS)
http://namesharkapp.com/
《Name Shark – クイズを楽しみながら名前と顔を覚えましょう》
https://itunes.apple.com/jp/app/name-shark-%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%81%A8%E9%A1%94%E3%82%92%E8%A6%9A%E3%81%88%E3%81%BE%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86/id906531062?mt=8

人の名前と顔を結びつけ、覚えるアプリですが、
もちろんモノ(の姿)と名前を覚えることも可能です。

もっと簡単な方法は、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近来たお嫁さんだけが気づいた家の井戸水の異常。慣れは恐ろしい。

あなたは毎日、どんな水を飲んだり、
料理に使ったりしていますか?

水道水をそのままと言う人は、
段々減って、浄水器を入れて、
その水を使っているというご家庭が
多いのではないでしょうか?

中にはウォーターサーバーを入れたり、
スーパーなどで無料またはお金を出して、
水を持ち帰り使っている所も
あるかもしれません。

わが家は蛇口につける浄水器、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニュースの背景をしっかり知りたいと世界史の勉強を始めた友達。ネットには優れた動画がたくさん。

絶え間なく揺れ動く世界情勢。
今の世界の動きを深く知るには、
世界史の知識が欠かせない。

そんなことを感じている方、
多いのではないでしょうか?

何年か前に、山川出版の世界史の
教科書を一般向けに編集した本が
ベストセラーになりました。

この出来事は、
そうした需要が多いという証拠だと思います。

友達も、奥さんや子供たちから、
ニュースの歴史的な背景をよく聞かれ、
それを十分に説明できないことを痛感。

世界史を勉強し直そうと思ったとのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

塩は命の源。塩に凝り、各地の製塩を見学・体験する知合い。完全天日塩。

昨日は、わさび田を訪れる知人のことを書きました。

今日は、日本、世界各地の塩作りを見学、
体験している方のお話。

仕事で知り合ったその方は、
何にでも凝る性分。

若い時は、
オーディオ、写真カメラ)、オートバイなどを
極めていたそう。
私と知り合った頃に一番凝っていたのが、
甘い蜂蜜と調味料の基本・塩です。

小さな容器にいれた様々な蜂蜜、塩を
外出先での飲み物、料理に合わせて
使っていました。

当初は、近くのお店で販売しているのを
買い求めるだけだったのですが、
料理店などで素晴しい塩に出合うと、
主人から情報収集し、わざわざ取り寄せるように。

そしてさらに気に入ったものは、
それが作られている場所を訪れ、見学。
また場合によっては、塩作りを体験するように。

その方に教えられ、自分も訪れたのが、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食をテーマにした旅を楽しむ知合い。最近の関心は全国のわさび田。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。
学生にもかかわらず、珍しく自分の車を
持っていました。

あるとき、それでドライブをしようということになり、
ゼミの仲間何人かと奥多摩に。

連れて行ってくれたのは、わさび田でした。

わさび田と言えば、静岡と思っていたので、
東京の多摩でも山葵が栽培されることに
びっくりしました。

そしてその場で、わさびをわけてもらい、
鮫皮のおろし器ですったわさびで食べた
ご飯の美味しかったこと。

それまで刺身の脇に添えられていた山葵は、
本わさびといいながら、香りや甘みが
抜けていたんだなと強く感じました。

わさびって爽やかな香りがして、
甘みがあり、その後に辛みがくるんですね。

食の仕事をしていた知合い。
現在は現役を引退しています。

がやはり食に関心が強く、
自分なりに立てた食のテーマをもとに
各地を回っているんだとか。

今、一番興味を持っているのが、わさび。

小さな所を含めればわさびって、
日本各地の清流のあるところで
栽培されているんですね。

3月にはこんな本も出ています。
《知って楽しい わさび旅 <大人の学び旅>シリーズ3》
http://www.shc.co.jp/book/detail/000993.html

《わさび栽培発祥の地・有東木(静岡)
日本有数のわさび産地・中伊豆(静岡)
湧水が育む類のないわさび田・安曇野(長野
たくましく育つ伝統のわさび・奥多摩(東京)》

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自家製入浴剤、化粧品作りに精出す知合いのご夫妻。品質最高、お値段格安。作る楽しみ。

あなたのお宅ではお風呂に
入浴剤をいれていますか?

なんらかの入浴剤を使っているお宅、
多いのではないでしょうか。

わが家も、大手メーカー製ではなく、
余り知られていないメーカーの発泡性の
入浴剤を毎日1錠使っています。

一流メーカー製品に比べて安いものの、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家と同じ除湿機を20年以上使っていた知合い宅。最新モデルに変えその性能に驚く。

梅雨の時期。
続く雨に洗濯物が乾かないと
お悩みのお宅も多いのでは?

わが家も電気代のことを考え、
なるべく乾燥機を使わないように
しているため、室内の湿度がかなり
上がって不快です。

乾燥機に比べて電気代が安いため、
除湿機をずっと使っています。

音は大きいものの、しっかり除湿は

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手作り枕と白い粉で睡眠不足を解消し、ぐっすりな眠りを取り戻した知合い。

睡眠不足は万病の元だそう。
認知症も睡眠不足によって
引き起こされる恐れありなんて
言われているとのこと。

睡眠で余り悩んだことはないのですが、
年とともに睡眠時間が短くなり、
また熟睡度が減っている気がします。

同年代の知合い。
以前から睡眠の不調に悩んでいました。

毎晩の飲酒。
中間管理職のストレス。
その他、精神を煩わせることが
いろいろあり、次第に寝付きが悪く、
また目ざめも悪くなっていたんだとか。

そこである寝具メーカーに行き、
就寝環境のアドバイスをもらい、
さらに枕もオーダーメイドしたとのこと。

〇寝室には余計なものは置かない。
テレビ、タブレット、スマホなどは
寝室で見ない。
〇寝酒はしない。
〇寝室の照明は暗めで電球色。
(昼白色は使わない)
〇適度な温度と湿度に。
夏はエアコン・扇風機・サーキュレーターなどを
使用しても良いが、体に直接風をあてない。

といったことを守り、寝室環境を整えたとか。

オーダー枕も自分の頭と首のカーブに
あっていたので、以前より眠りやすく、
眠りの質もよくなったと感じたよう。

ただ初夏、梅雨にかけて、
素材、構造の関係か頭が暑く感じるように。

どうしたものかと悩んでいたら、
教えられたのが、手作りの枕。

家にあるバスタオル、バスマットと
ひもで自作する枕です。

枕外来という名で、
睡眠と枕の相談に乗っている
医師の山田朱織さんの考案したものだとか。

山田朱織枕研究所 http://www.makura.co.jp/

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -